面白い都市伝説!嘘のようなバブル時代の数々の伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バブル

今の日本経済からは想像もできないような時代が日本にありました。

それがバブル時代。

いつかはじけると知りながらも、遊びほうけた大人たちは、大人ならではの遊びをし続けました。

そこには伝説的にアホなエピソードが多数存在しますので、ご紹介します!

 

 

 

 

 

「道に札束が落ちてた」

とさえも言われるバブル絶頂期。

そんな話だけでも嘘のようなものですが、通行人はその札束に目を向けずに仕事や遊びにいそしんでいたという伝説さえも存在するこの時代。

 

私は農業の現場で働いていますが、そこの先代の農場長は札幌のすすきのまで車で1時間程度かかるのに、毎日のように農作業が終わった後にすすきのへ出向き、てっぺんを回ってから帰ってきてまた早朝から農作業にいそしむという生活を送っていたと聞きます。

それほどまでにお金を使うことに執着し遊びほうけても仕事にいそしむやる気にみなぎっていた当時の日本。

 

お年玉に万札は当たり前でったようで、中には5万円を一人の人からもらったという人も存在するそうです。

 

1986年から1991年の5年間お金は捨てるように溢れ、どうやって使うかがステータスだった時代。今では考えられません。

そのため、今では考えられないような伝説的なエピソードが存在します。そのなかで選りすぐりのエピソードを紹介します。

今回紹介するのはうそのような本当の話。しかし実際のところ、その当時に暮らしていた人しかわからない・・・。そんな不思議な笑える話を紹介します。

 

 

仕事編

やはり真っ先に上げたいのは当時の仕事や就職活動にまつわる話。

「日曜日の新聞は求人広告があり過ぎてポストに入らなかった。」

と言われる当時の仕事はどんな感じだったのでしょうか?

 

8554c3b9fddee443496784175a835933_s

 

会社から出るお金

当時は会社にもお金が腐るほど余っていたようで、溜め込むよりもむしろ使う風潮が蔓延していました。その象徴かのように出張の際には

ヨーロッパ研修旅行にて、会社から「100万円くらいなら使っていいよ」とゴールドカードを渡された

というエピソードがあります。意味わかんねえ。笑
100万円何に使うのよって感じですが、当時を考えるとこんなことはざらにあったのかもしれません。

 

「飲み会の帰りは必ずタクシー券がもらえた」

飲み会ではタクシーチケットが配布されるなんてざらにあったようで、万かかる場所に住んでいた人も普通にタクシーでかえることができたそうです。

今ではプライベートや飲み会でタクシーは極力避けたいもの。会社の経費で落としたらそれはもうクビが飛んでもおかしくない時代です。考えられない。笑
そんな時代だからこそタクシーの空車なんて見つけられず、公道を走っているタクシーはだいたいが「予約者」だったそうで、道端でつかめるのは非常に難しかったと言います。

万札を振りかざしてタクシーを止めたという伝説はもはや当たり前。笑

 

「会社に入れば定時で上がれ、毎日飲み歩いていた。」

こんな話もあります。今では考えられない。

 

テレビ局員は銀座や六本木で豪遊することがテレビ局の宣伝になると教えられ、遊び代は全部経費で落ちた。

いやいやいや。飲み会がもはや宣伝。笑
どんな時代だよ。アホだよ。笑

 

「取引先の人が吉原に週2回くらい連れてってくれた」

うらやましすぎる。( ゚Д゚)

吉原と言えば高級ソープが並ぶ庶民が決して立ち入れない場所。そこに接待で連れていかれるというのはすごいですね。

 

「50前後の公務員の父よりも、新卒の銀行員の娘のボ-ナスのほうが多かった。」

公務員とサラリーマンの勝ち組負け組の構図が全く逆だったのが当時の時代。今ではすっかり公務員が人気の職になってしまいました。しかし、バブル当初に公務員として働いていた人は、誰よりも信頼できる人かもしれません。笑

 

 

就職活動

就職活動は、今では本当に厳しい状況だと言われています。何社も受けてやっとに内定がもらえたという話はよく聞き、受ければ受ける程「正解」が何なのか、自分は何がしたいのか、そういったものを見失いがちになっていきます。
しかし、バブル当時は

「仕事があり過ぎて人手不足で倒産した時代」

とも言われています。笑

倒産の理由がちょっと意味が分からない。笑

そんな時代の就職活動とは一体どんなものだったのでしょうか。アホみたいな伝説がたくさんありますので、ラッシュで紹介していきます。

 

「説明会に行くだけで内定がもらえた。」

意味わからないでしょ?笑 でも、もっと意味の分からない現象が続きます。

 

「入社試験に決められた日時・場所に行かなくても会社からも内定がもらえた。」

(;´Д`)

 

「企業説明会で交通費が3万円支給された。」

「おみやげ、宴会、海外旅行が行われた。」

「寿司すき焼きサウナソープ=4S接待があった。」

(゚д゚)!

仕事がありすぎて倒産する時代なので、新入社員を何とかして抱え込もうという動きがあったようです。交通費は今でも支給してくれる会社は存在しますが、非常に希少です。ましてや3万円も払ってくれるところはなかなかないでしょう。

就職活動をしたら交通費によってい金が貯まる現象さえもあったそうです。

4S接待、うらやましすぎる。(;´Д`)

おみやげ的なものとして、ディーラーの内定が決まったら新車一台プレゼントなんて言うのもあったようです。笑

 

会社説明会で「うちに入りたい人挙手して~」で挙手をすると入社決定。

いや、もう説明会やらなくてもいいだろ。汗
ネットで申し込みさせる制度にしろや!(゚д゚)!笑

 

「入社式はハワイ。」

いや、ハワイでやる意味。汗

 

8393c5cf7ac4e42c9152323a8388ba1c_s

 

「金融マンなら派手に遊べ」

証券会社に内定した学生は研修と題してラスベガスに連れていかれ、金融マンならば派手に遊ばなくてはならないという教えを受け、死ぬほど遊びまくったそうです。

 

「大学にはOBが来て、高い料理を毎日おごってくれる」

こうした動きによって社員を獲得しようとしていた狙いもあったようです。

 

 

スポンサーリンク

 

OLの格好

バブルの時代と言えば、今ではでは誰も来ないような服を着て、夜のクラブで女の人が踊り狂っているイメージがありますが、会社の通勤の格好もすごかったようです。

「OLが、まるでお水の様な服装で通勤してた。」

「前髪をトサカのようにして出社。スプレーは二週間で切れた。」

「黒髪極太眉毛で出社。」

黒髪極太眉毛は当時の鉄板だったようですね。いまでは真逆の風潮がありますが・・・。

会社に行って帰りに飲み会なんてのは普通だったため、それを見越した格好で出社していたのでしょうね。

 

しかし、時代の風潮と言うのは怖いですね。会社帰りに飲み階に行くから女性は派手に出社しても当然、という時代背景があるからこそ誰一人としてつっこまないし、注意もしない。

如何に当時の基準が狂っていたかがわかります。まあでも今が堅すぎるのかな?笑

 

 

バイト

8ecc939ffcfc537adbc12a1833f34482_s

 

企業で働くだけではなく、バイトもすさまじかったよう。

「学生のバイトなのに時給1250円」

「間までずれた時はタクシーチケット支給。」

「新規公開株の整理券もらうのに並ぶだけで数万円のバイトが存在。」

いや整理券貰うバイトで数万円ってどんだけ!!!!(;´Д`)

当時の人がそのまま今の時代にいたら同じ日本人でも話が通じない自信がある・・・。笑

 

 

車購入編

今では「車離れ」と言われるように、あまり車を手にしている若者と言うのが少なくなってきました。

しかし当時は高級車を買ってなんぼ。お金を貸してくれるところもゆるゆるだったようです。

「1500万円のメルセデスを二週間でベントレーに替えた」

いやしたらメルセデス買うなや!(;´Д`)

 

「4650万円のフェラーリが、2億5千万まで高騰。」

100万円の商品を200万円にしたらバカ売れしたなんて言う伝説があるバブル時代ですから。高ければ高いほど購買意欲をかきたてたのです。

 

「入社2年目で200万円の車を買った。」

絶対今なら中古車だよね。笑

 

「未成年でも400万の車のローンが通った。」

「職人系のおにいちゃんが作業服着たままディーラーに行き、ポルシェを現金で買って行った。」

今やガテン系にそんな勢いはなし・・・。

 

 

デート編

f19e221ef0da59582d81baa572229438_s

 

「クリスマスのホテルの部屋を夏場に予約して売りさばく輩がいた。」

かなり高値で取引できる格好の商品と化していたそうです。笑

 

女性に食事を奢るのが「メッシー君」。

現代におけるメッシはこっち。

 

wildstyles_messi02http://wild-styles.com/wp-content/uploads/2014/06/wildstyles_messi02.jpg

男がおごるのが当たり前のバブル時代。デートや飲み会でのメッシ―君はたくさんいたのでしょうね。

 

女性の送り迎えを任される男の人が「アッシー君」。

アッシーさえいれば、タクシー何かなくても良かった・・・。体くらいは捧げたのでしょうか。汗

 

 

 

 

以上がバブルの伝説。

こんな時代に交際している相手がいたとしても絶対浮気してるよねー。笑

人間不信に陥りそうな気がする・・・。この時代の反動で昇進意欲もなくささやかに生きることが人生の目的になった今の時代の若者たち。

豪遊は出来ないけど、バブルよりは今の方がいいかなあ・・・。

 

だって、アホやん。(;´Д`)笑

こんなん、アホやん。(;´Д`)笑

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ