ベイビーインカーのステッカーの本当の意味とは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

 

ベイビーインアカー

「やりすぎ都市伝説」にて語られた「ベイビーインカー(BABY in car)」のステッカに込められた本当の意味。

良く車を運転する人ならばどこかで一度は見たことがあるであろうこのステッカー。

このステッカーにまつわる都市伝説をご紹介します。

 

 

 

 

このステッカーは、子供がいる方は利用している方も多くいるかもしれません。しかし、その真意を汲んでいるのでしょうか?

われわれも、このステッカーはよく見ますが、車線変更や、危ない危険運転を避けるくらいしか周囲にとってはできることがないと思っていますよね。

小さい子供が乗っているから、危険運転はしないでくださいと週に呼びかけているかのようなこのステッカー。

でも実際、このステッカーが貼ってあるからと言って周囲の運転手が出来ることというのは、本当に少ないのです。じゃあ、貼っている意味ってあんまりないのではないか・・・?

 
さあ、このステッカーには本当はどんな意味があるのか。

それは、このステッカーが生まれた理由と関係しています。

昔、夫婦と赤ちゃんを乗せた車が事故にあいました。その車は、あわや爆発寸前というところだったそうですが間一髪で救助隊が救出。

しかし、その車の中には、赤ちゃんがいたのです。

赤ちゃんが乗車していることに気づかなかった救助隊・・・おそらく小さい体だったため見えなかったのでしょう。

車はそのまま赤ちゃんを乗せたまま炎上してしまいました。

車が炎上するほどの事故だったので赤ちゃんの親も、気を失っていたのでしょうね。

そこで、このステッカーを制作。

そして、このステッカーを制作した人と、この事故で赤ちゃんを失った母親が友人だったそうです。

実は、このステッカーに込められた思いというのは、共に道を走る車に対してではなく、緊急時などに周囲の人や、救急隊員に赤ちゃんが車内にいることを伝えるためだったのです。

普段、何気なく見ているステッカーですが、赤ちゃんがその車に乗っていることに気付けたということはその車が事故にあったとき、赤ちゃんが助かるのかもしれません。

そうして、気づかず見過ごされてしまう赤ちゃんがいなくなることを祈ります。

信じるか信じないかはあなた次第。

 

コメントを残す

サブコンテンツ