寿命が延びる神の草!牡丹防風!沖縄に長寿の草!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

botan

人類の最大の夢と言うのは何だと思いますか?

人それぞれ違うかもしれませんが、長年人類が追い求めてきたもの・・・それが、「長寿」。

そんな夢をかなえてくれる伝説の草が沖縄にあるという都市伝説。

 

 

 

 

 

人類の夢を叶えてくれる「草」は沖縄にありました。

沖縄といえば昔は琉球王国として栄え、日本でも独自の文化、歴史を歩んできた島です。

中でも、絶対に入ってはいけない場所や現地の島民が守り抜いている地域、他には伝えてはいけないお祭りなど、神秘的なものがたくさん詰まっている地域としても知られています。

沖縄のパワースポットとしては齋場御たき(せーふぁーうたき)や神々が降り立った島と言われる久高島(くだかじま)という島があります。

久高島にあるものは小石やサンゴなど絶対に持ち帰ってはならないと言われ、島を出るときには、靴の底についた小さな小石さえも払い落とされる程の徹底ぶり。これは持ち帰ると禍が起こる言われており、このような措置がとられているのです

一般的な地域とは一線画した、神秘的な地域であるということがわかるでしょう。

そして、久高島の中でも絶対立ち入り禁止の場所がありそれが、フボー・オタキと呼ばれる場所。
なんとこの場所には今現在も、島民がヤリを持って、入口付近に立っているそうです。

そんな場所って我々が住んでいる地域に存在するでしょうか??
ヤリはないにしても、入口に立って守るという慣習はバイトや仕事以外存在しないでしょう。

そんな地域がある沖縄。

 

やはり何か神秘的な地域だと思わざるを得ませんが、その沖縄の中でも突出して寿命が長いと言われている地域があるそうです。

なぜここだけ、こんなに寿命が長いのだろうと思われ、長年研究がなされていたようですが、その地域で行われている習慣が関係ある・・・というか、それしかないだろうというものがわかったそうです。

こうして特定された「ある草」。

長寿の秘訣が込められている草。

その草というのが、牡丹防風(ぼたんぼうふう)という名前の草。

沖縄本島では「サクナ」、「チョーミーグサ」と言う別名で呼ばれており、長命草という名も持っています。この草を1房食べると、寿命が1日延びるという伝説が語り継がれています。

 

スポンサーリンク

 

 

牡丹防風

牡丹防風

牡丹防風はセリ目セリ科カワラボウフウ属の常緑多年草です。海岸沿いに生えており、非常に多くの栄養素を含んでいます。

現在では青汁なんかにも入っていて手軽に摂取できるものになっています。

沖縄と言う厳しい日差しと厳しい潮風という、とても鍛えられるような環境のもと、たくさんの栄養素が含まれるようになるのです。

牡丹防風に含まれる栄養素は以下のようなものです。

ポリフェノール類であるクロロゲン酸、ビスナジン、ビタミンA、カルシウム、リン、鉄、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、亜鉛、カロチン、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンC、食物繊維

高血圧、動脈硬化、リュウマチ、神経痛、喘息、百日咳、風邪、熱など効果があるようで、人間の体のサビの原因である活性酸素を諸居する強力な抗酸化作用があるそうです。

活性酸素は近年、癌などの重病の原因から老化などの酸化による影響まで、誰しもが関わるような害を引き起こすものとして広く知られるようになりました。

体内の活性酸素を除去するために水素を解離した「水素水」なるものも人気になってきていて、牡丹防風による抗酸化作用もそのような効果が期待できると考えられています。

そのような作用が有ることは立証されていますが長寿に関しては、まだ直接的な要因はわからないようです。

抗酸化作用や豊富な栄養素が大きく影響しているのは言うまでもありませんが、神秘的なパワーが豊富な沖縄だからこそこのように抜群の効果を発揮しているのかもしれません。

現地の方の食生活や習慣なども大きく影響しているかもしれないですね。

しかし、「人類の夢を叶える草」の存在はやはり素敵で人生を色づかせるものという感じがします。

沖縄の神秘的な都市伝説。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ