エヴァンゲリオンとフリーメーソンとの関係?碇シンジが示す本当の意味は?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エヴァンゲリオン

フリーメーソンの手はエヴァンゲリオンにも伸びていた??

秘密結社と大人気アニメとの興味深い関係性!

 

 

 

 

 

登場人物の名前

「エヴァンゲリオン」の登場人物であるキャラクターは、女性の名前は、旧日本海軍の艦名が使われており、男性の名前は船に関係する名前が多いと言われています。

実は「エヴァンゲリオン」の監督である庵野さんが戦艦などが非常に好きなのです。

どのようにして名前が付けられているのか、ここで主要なキャラ二人の名前を見てみましょうか。

 

綾波レイ

ファンも多いキャラの一人「綾波レイ」の「綾波」は海軍軍艦「綾波」が由来となっています。海軍軍艦「綾波」は量産駆逐艦の代表的存在であり、3隻存在していました。

そのため「エヴァンゲリオン」で登場する「綾波レイ」も三人登場するんですね。謎が多いキャラなのです。

 

惣流・アスカ・ラングレー

「惣流・アスカ・ラングレー」の「惣流」。

これは感じが違いますが、正規航空母艦である「蒼龍」からきています。

「ラングレー」はアメリカ軍の航空母艦である「ラングレー」と同じ名前が付けられています。

「アスカ」という名前は、艦名などは関係なくて、アスカの母が「キョウコ」という名前が付けられているため、「今日」「明日」という意味合いでセットで付けられたものであるようです。

こうしたキャラクターはほぼすべてにおいて、このような戦艦や海にまつわる名前が付けられており、その名前の元になったモノと同じような人物設定がなされる場合も多いです。

 

 

フリーメーソンとのつながり

さて、ではフリーメーソンとエヴァンゲリオンとの関係性ですが、実は以上に記載してきた「名前」が関係しているのです。

関係するキャラは主人公の「碇シンジ」。

 

では、「碇シンジ」を上記の「綾波レイ」や「惣流・アスカ・ラングレー」などのように、戦艦や海関係から整理してみましょう。

まずは、「碇(いかり)」。これは「錨」ですね。船などを一定範囲内に駐留させておくために使用されれる道具です。こうした画像などは皆さんも見たことがあるのではないでしょうか。

1280px-フレガート・ディアナ号の錨引用

そして「シンジ」は海には関係なく、庵野監督とも親交い「樋口真嗣(ひぐちしんじ)」さんが由来になっていると言われています。

 

スポンサーリンク

 

さて、この名前をフリーメーソン仕様に分解してみましょう。

まず、「碇」はなぜ「碇」の漢字を適用したのかと言うことに着目を当てます。この漢字を分解すると「石」と「定」に分かれます。

また、碇シンジの両親の名前を見ていきます。

母は「碇ユイ」、父は「六分儀ゲンドウ」という名前です。

この「六分儀」とは高度や水平方向の角度を測る際に使用する道具です。この画像のようなものですね。

360b

そして「シンジ」は「神の児」を文字ったものであるとも考えることができます。

 

 

こうした要素をフリーメーソンのシンボルマークと関連付けてかんがえてみます。フリーメーソンのシンボルマークはこういったもの。

freemeison006-d0c27

http://freemeisongeinou.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_67d/freemeisongeinou/freemeison006-d0c27.png

 

定規とコンパスで真ん中の「G=GOD(神)、またはgeometry(幾何学)」を囲っています。このシンボルは、ダビデの星、男と女、精神と物質など二元性の融合を表現しているそうです。

また、フリーメーソンの元をたどると石工団体・職人に由来します。

 

 

以上を総合的に考えると

●「碇」の「石」は石工団体の「石」
●「碇」の「定」は「定規」
●「六分儀」はコンパスの代用、形が似ています
●シンジ=神の児=G(GOD)

と言うことが言えて、奇妙なほどフリーメーソンのシンボルマークに由来したような格好になるのです。

 

 

真相は・・・

真相については全く不明なのですが、しかし「エヴァンゲリオン」ファンとしては否定の声が後を絶たないそうです。

というのも、「錨」を「碇」に変えるなどは「蒼龍」が「惣流」に文字ったものであると考えられますし、「シンジ」と名前が付けられた理由も監督と親交があった人物がソースであるというのも広く知られた事実です。

このような理由から後付も甚だしいという感じなのでしょう。

 

しかし、後付けだったとしてもここまで一致するっていうのも面白いものです。こうやって都市伝説はできるのか・・・。都市伝説が生まれる瞬間を私たちは目の当たりにしているのかもしれません。それはそれで興奮しますが。笑

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

コメントを残す

サブコンテンツ