宮城のパワースポット巨石が司る北斗七星の謎の都市伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

surimu

 

「やりすぎ都市伝説にて、スリムクラブの真栄田さんが紹介した宮城の不思議なパワースポットに関する都市伝説。

陰陽道も関係していると思われる不思議な配置が施されたのは、偶然なのか、人為的なのか。

 

 

&nbsp

宮城には高千穂と呼ばれるパワーすおいっとが存在しているのをご存知でしょうか。

そこには訪れた人にパワーをもたらすと言われる巨石が祀られています。

例えば、皇子原神社(高原町)には「産婆石(うべいし)」と言う意思が祀られており、この石には神武天皇の母である玉依姫(たまよりひめ)という人がその出産の際にずっとしがみついていた石として現代に言い伝えられています。

東霧島神社(高崎町)はどうでしょう・・・。ここには「神石」という石が祀られており、この石には、イザナギノミコトが火の神を三つに分けたものであるという言い伝えが現代にも伝えられています。

このように日本の神話と関係するような石が、点在しているのが宮城なのです。

他にも巨石が祀られている神社は存在し、全部で7か所に点在しています。

 

それらの巨石をまとめると・・・

★皇子原神社(高原町)

★霞神社(高原町)

★東霧島神社(高崎町)

★池之原(山田町)

★母智丘神社(横市町)

★高之峰(財部町)

★住吉神社(末吉町)

となります。

そして同時にこれらの神社に共通する奇妙な点と言うのが、どれも小高い丘にその神社が建設されており、その山頂部にはイワクラを持っており、そこから高千穂の峰が見えるというものです。

 

その奇妙な配置がこちらの画像。

北斗七星

この画像を見てピンときましたか?

ピンときた方は・・・その通り!!!

巨石が祀られている7箇所の神社が、表している配置が北斗七星の形になるんですね。

スポンサーリンク

 

この配置は、決して偶然ではないのです。

高千穂の峰は昔から活動が活発な火山だったようです。
陰陽道に習って火山を沈める結界の役目をなしているとのことです。

北斗七星は別名「柄杓星」と言われています。
水をすくう柄杓の形をしているからですね。

この星の柄杓は、高千穂の峰の方角を向いており、柄杓の右側には「大淀川」が流れています。

火山を沈める

そして、柄杓の中には「御池」が入っているのが見て取れますね。

これはどういうことだと思いますか?まさに柄杓で水をすくっており、その水を高千穂の峰にかけようとしているのが見て取れます。

こうして活発な火山を収めようと古くから神道などを利用して工夫したのでしょう。

 

 

真栄田さんは紹介していませんでしたが、この配置には、もうひとつの説があるようで、それが、中国道教の「反閇(へんばい)」が大きく関わっているもの。

反閇とは、歩行術のことで、今回の宮城の巨石のパワースポットに関して言えば、北斗七星の形を歩くようにすることで、厄除けや魔よけの効果をもたらすというものです。

こうした技術も使用し、高千穂の火の力を上手く収め、同時に大淀川の水を上手くコントロールしようという思惑が込められているのです。

北極星に相当するするものが高千穂の峰と言われています。

妙見信仰では「北極星=妙見菩薩」という考えであり、妙見(北極星)の加護を得て、その土地を守護する為の結界を施すという考え方をします。

何か、いいですよね。笑

現代は、そのような神秘的な力をあまりあてにしない傾向がありますが、ものすごく土地を敬っている気もしますし、大地や神に対する姿勢が素晴らしいなあと感じます。

科学技術や、生産技術が進歩した今だからこそ忘れてはならない感覚かもしれません。

信じるか信じないかは、あなた次第。

コメントを残す

サブコンテンツ