滝廉太郎の死の真相!憾からわかる陰謀説!あっちゃんが語る都市伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

滝廉太郎

 

「やりすぎ都市伝説」にてオリエンタルラジオの中田さんが紹介した都市伝説。

毎回情熱的に紹介してくれる中田さんにぴったりの、非常に興味深い名作曲家の都市伝説。

 

 

 

 

 

 

滝廉太郎の代表曲は「荒城の月」。

「荒城の月」を作った作曲者。それくらいの認識しかないかもしれませんが、実は有名な童謡「鳩ぽっぽ」、「雪やこんこん」などのメジャーな作曲家にもかからわず

「滝廉太郎と言ったら『雪やこんこん』作った作曲家だよね!」

という会話にならないのはなぜでしょうか・・・。

 

 

実は我々が一般的に認知していないのには事情があると言われています。

 

 

「鳩ぽっぽ」の歌詞は

「ぽっぽっぽー はとぽっぽー 豆が欲しいかそらやるぞー」

というのが非常に有名なフレーズです。

 

では、1901年に滝廉太郎が作った「鳩ぽっぽ」。聞いていただきましょう。

 

 

 

続いて「雪やこんこん」。

「ゆきやこんこん あられやこんこん」

が有名すぎるフレーズ。

 

では、1901年に滝廉太郎が作った「雪やこんこん」。聞いていただきましょう。

 

 

ここで「タイトルが似ているだけで違う曲だったのではないか」と単純に思いますが、どうやらそうでもないぞ・・・というのが歌詞から考察できます。

 

 

歌詞3

 

ここで衝撃事実!我々が知っている「鳩ぽっぽ」のフレーズで始まる曲のタイトルは「鳩」なのです。「鳩ぽっぽ」は滝廉太郎が作った曲。この法則は「雪やこんこん」でもいえます。

 

 

歌詞2

 

我々が知っている曲は1911年に制作された「雪」なのです。

ここまで似通った作品であれば、さすがに制作した滝廉太郎は講義をしてもおかしくはないです。

しかし、滝廉太郎が亡くなったのは1903年。23歳の若さでパクリ楽曲が制作された以前に亡くなっているのです。

 

「鳩」、「雪」の作曲者は不明と明記されています。

 

 

スポンサーリンク

 

 

、文部省の間で「子供たちのために曲を作ろう」という提案がされました。しかしお役所仕事の彼らは堅苦しい曲しか製作することができませんでした。その当時制作された作品として「心は猛く」と言う曲があります。

歌詞

 

いや、これはあかんわ。笑
「幼稚園歌唱集」に記載されている曲です。

 

そこに登場するのが滝廉太郎。ポップでキャッチ―な曲を制作し、文部省はメンツをつぶされた形になりました。

 

邪魔者として認識されたのか・・・滝廉太郎は国からドイツに留学するように要請され、日本から追い出された格好になりました。

その留学先で、わずか4カ月にして当時の不治の病「結核」にかかります。数年後、その「結核」がもとで亡くなります。

滝廉太郎が制作した楽曲の楽譜は「結核菌がついている」と言う理由で燃やされました。

 

 

今となっては、文部省が画策して滝廉太郎が日本を追い出されてしまったのか、滝廉太郎が死に至ったのは偶然だったのか、その楽譜は何かに利用されたのではないか・・・知るすべは残されていないのですが、彼が最後に制作したと言われる曲がこちら。

 

 

歌詞はない曲ですが、ポップでキャッチ―な曲では到底ない、重みのある曲調だということがわかります。

そのタイトルは・・・「憾(うらみ)」。

 

 

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ