やりすぎ都市伝説にて千原ジュニアが紹介する心理テスト・マインドコントロールの紹介!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

千原ジュニア

「やりすぎ都市伝説」の番組中でなかなか話題になっている千原ジュニアさんのプチコーナー。笑

今回は千原ジュニアさんが紹介したマインドコントロール!

あなたも知らず知らずのうちに誘導されているかもしれません。

 

 

 

 

ジュニアさんが紹介してきた「マインドコントロール」にはいくつか実例がございますので紹介します。

 

【実例1】

簡単な計算をしていただきたいと思います。
頭をフラットにして、何気なく行ってください。

まずはこちら。

2+2=?

続いてこちら。

4+4=?

続いてこちら。

8+8=?

続いてこちら。

16+16=?

 

では、こちらはどうなりますか?

12と5の間で思いつく数字は??

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・・・・・・この計算結果、「7」になりませんでしたか?

これはスタジオでも多くの人が当てはまりました。

これは潜在的に12と5を足してしまい、その答えの17の「7」。

もしくは、5に足して12となる数字を連想してしまい、その結果が「7」。

そのため、頭に浮かぶ数字が「7」なのです。

そうなるように仕向けられているのです。

 

スポンサーリンク

 

【実例2】

この8つの中から1つだけ選んでください。

「スキー・鼻水・コップ・温泉
ゴミ箱・コーヒー・冬・お土産」

 

次にさっき選んだものと関係あるものと思うものをこの8つの中から1つだけ選んでください。

「電卓・雪・針・ティッシュ
米・まんじゅう・牛乳・電話」

 

次に先ほど選んだものの特徴をこの8つの中から1つだけ選んでください。

「大きい・遅い・白い・鋭い
暗い・甘い・赤い・狭い」

 

そして、その特徴に当てはまるものをこの8つの中から1つだけ選んでください。

「ナイフ・ピラミッド・砂糖・亀
犬小屋・宇宙・血・深海」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あなたが最後に選んだものは「砂糖」ではないでしょうか?

これはそうなるように仕組まれた誘導のトリックなのですね。

我々は、8つの選択肢を4回与えられ、その選択肢のルーツ可能性は8の4乗で実に4096通りがあり、最終的に落ち着くのが8通りだとしても、それを当てるのは不可能だと思いがちです。

しかし、出題側からしたら、最終的に「砂糖」を選ぶように選択肢を与えればいい話なのですね。

そう考えると簡単なようですがこのような簡単な仕掛けは、街の至る所・・・日常にあふれていて、知らない間に選択肢を狭められているかもしれません。

そしてそれは今はまだ事件性を持った話ではありませんが、いつか事件に巻き込まれてしまうかも・・・?

信じるか信じないかはあなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ