平成狸合戦ぽんぽこ都市伝説!ジブリの隠れキャラが総出演?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

tanuki

「平成狸合戦ぽんぽこ」では妖怪戦争が描かれていますよね。

狸が人間たちに仕掛けるごちゃごちゃの戦いの中、どさくさに紛れて作品を超えたジブリキャラクターが多数出演しているのです。

まさにジブリらしい演出!今回は全てのシーンを紹介します。

 

 

 

 

何個かの記事にわたって紹介してきた「平成狸合戦ぽんぽこ」の都市伝説ですが、今回は「ジブリオールスター」が「平成狸合戦ぽんぽこ」に出演しているという都市伝説を紹介します。

 

「平成狸合戦ぽんぽこ」の作品を超えて、他のジブリ作品のキャラクター達が出演しまくっているのは「妖怪大戦争」のシーンです。

この「妖怪大戦争」は、人間が度重なる自然破壊をすることによって業を煮やした狸達が四国3長老を迎えて、いよいよ人間に打って出る作戦を考えたことによるものです。

この四国3長老が日本の自民党の元総理と言う都市伝説もありますね。それは別の記事にて紹介しています。

そこで考案された作戦が「妖怪大作戦」。

この作戦の目的は、妖怪などこの世に存在しないようなものに狸たちが次々と変身して、人間たちを怖がらせ、復讐・・・上手くいけばこの土地から人間を負い出せるかもしれないということを目指した作戦です。

しかし、その結果としては人間たちは怖がる様子は一切なく、むしろ何かの催し物かと勘違いされてしまい、エンターテインメントとして楽しまれてしまうという残念なものとして終わってしまいます。

 

そんな「妖怪大作戦」のシーンで他のジブリ作品のキャラクターたちが出演しているんですね。

 

駒に乗ったトトロがいます。

20130712211439

 

「紅の豚」のポルコ。
20130712211441

 

「魔女の宅急便」のキキ。
20130712211547

 

そして極めつけは「おもひでぽろぽろ」のタエ子小学生Ver.笑
20130712211437

 

スポンサーリンク

こうした作品を超えたつながりがあるという都市伝説はジブリ作品には多数存在します。

 

例えば、「耳をすませば」で聖司くんが図書館で呼んでいる本が実は「千と千尋の神隠し」の原作となった本であるのではないかと噂されているものであったり・・・

「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」が実はものすごい時間を経て、子孫と先祖の関係を表現した作品であるという話があったり・・・

「魔女の宅急便」の家政婦と「紅の豚」のおばあさんが実は子孫関係であるという話があったり・・・

これらは都市伝説の領域をでない話ですが、こうした視聴者によって様々な憶測がなされるのもジブリがもたらす魅力なのでしょうね。

上記の「もののけ姫」と「千と千尋の神隠し」のつながりなんかは、非常に数奇でロマンチックな悲劇と言う感じで面白いですよ。別の記事にて記載しています。

「平成狸合戦ぽんぽこ」では珍しくはっきりした形でコラボレーションしています。もしかしたら他の作品のつながりもバカには出来ないのかも・・・。

こうしてジブリの都市伝説はより信憑性を増しながら、ロマンが膨らんでいくのです。笑

信じるか信じないかは、あなた次第。

コメントを残す

サブコンテンツ