黒幕は阿笠説を否定できる理由!名探偵コナン都市伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

sh_60181

名探偵コナンの名を知らない日本人は極めてまれです。

それほどまでに浸透している大人気漫画の一つです。

そんな「名探偵コナン」の最大の謎・・・黒幕はだれなのか!阿笠博士説について考察していきたいと思います。

 

 

「名探偵コナン」は原作の作者が青山剛昌先生であり、作品の初作の発表は1994年です。

1994年5月号にて週刊少年雑誌「サンデー」で連載が開始され、2014年6号をもちまして連載20周年を迎えました。20年の連載ってものすごいですよね。汗

これは「サンデー」史上、最長の記録として残っています。週間連載の大変さは「バクマン。」を読むとわかりますが、それを20年間続けてきた青山剛昌先生には本当に頭が下がります。

2003年にはコミックスの総発行部数が1億部を突破。

さらに、2014年3月時点でコミックスの総発行部数は1億5000万部を達成しています。

アニメは原作の漫画が開始した2年後の1996年から始まり、こちらもまた2015年現在で20年目を迎えています。

推理物の漫画は、一応戦闘系、冒険系の漫画と並んで「王道」の分野のひとつとして数えることができます。しかし、冒険をテーマにした漫画などとは違い、一見とっつきづらい印象を持ちますよね。

 

前例としては「金田一少年の事件簿」などがありますが、「名探偵コナン」がここまで国民的認知をされる作品になることを誰が予感できたでしょうか。

 

推理物の漫画である・・・。そうした漫画の見どころは事件が起きた際の推理。そしてつまるところ最終的に相対するボスというものが存在しますよね。「名探偵コナン」では、そのラスボスが誰か・・・についての都市伝説が蔓延しています。

50c30cc2

と、いうのも皆さんご承知の通りかもしれませんが、「名探偵コナン」の主役である「コナン」は作品の始めに工藤新一が謎の組織「黒の組織」の取引現場を目撃したために試作段階の毒薬を飲まされ、結果的に体が小学生のころまで縮んでしまうという設定です。

そのため、作品の最終的な落としどころはこの組織との一騎打ちであることは明白であり、その組織のボスが誰か・・・というのが読者・視聴者の中で推理がなされているのです。

 

そして、2006年1月13日の朝日新聞にて作者の青山さんが

「実は、ボスの名前はすでに原作のどこかに出ている。捜してみて下さい」

と語るなど、方々でこうした発言を青山さんがしていることによってその推理は激化しているんでうね。

そこで最初に読者の中で組織のボスとして確定的とされた人物がいつもコナンの側にいる「阿笠博士」なのです。

 

ボス=阿笠博士の都市伝説

458a7a40http://livedoor.4.blogimg.jp/himarin_net/imgs/4/5/458a7a40.jpg

阿笠博士が読者の中で特定されたのにはいくつか理由があります。

 

 

お酒の名前

9ea03d6a5b0bfc4a4863e8be38a306ff_s

黒の組織として今まで作品中に登場した人物たちはお酒の名前をコードネームに持っています。たとえば、ウオッカ、ジン、べルモット・・・。

こうした流れは作者が読者に推理できるようにしている伏線であると考えられるため、ボスも当然お酒にまつわる名前だと考えられます。

そこで、阿笠博士の「アガサ」を調べると「アガサ・カクテル」という名のラムベースのカクテルが存在するのです。

 

歴史の再現

また、作品中の初期である工藤新一の体が縮んでしまって阿笠博士にかくまわれたところに、幼馴染の毛利蘭がやってきます。そこで新一に似ているコナンを発見して疑われますが、正体を知ってしまったら蘭さえも組織に狙われてしまうため、とっさに目についた本に書かれた「江戸川」と「コナン」の文字をくっつけて偽名にします。

この「コナン」は1859~1930年まで活躍した「シャーロックホームズ」などの著者として知られる「アーサー・コナン・ドイル」に由来します。

そこで「アガサ」に着目すると「アーサー・コナン・ドイル」と同時期に活躍した「オリエント急行の殺人」や「ABC殺人事件」の著書である「アガサ・クリスティ」に由来すると考えることができるのです。

こうしたライバル関係にあった推理小説家を作品中でもライバル関係として描こうとしているのではないか・・・と考えられます。

 

奇妙な伏線

コミック8巻にてこのようなシーンがありました。

意味深に捉えると、阿笠博士を疑ってしまいますよね。

 

不自然な描写

コミック24巻にて組織のピスコがジンにて殺されるシーンがあるのですが、その中で灰原哀も銃で撃たれます。

その際にコナンと電話でやり取りを行っていた阿笠博士。しかし、この電話が急に切れてしまい、その直後にボスの命令によってジンがピスコを射殺。

こうした一連の流れが読者からしてみれば阿笠博士が裏で手を引いているという推理をする材料になっています。

 

組織戦では姿を見せない

そして、阿笠博士は、様々な発明品でコナンを助けたりするのですがなぜかいつも組織が関わった事件では、加担しないで事件が終わった頃に現れると言われています。

こうした理由と共に、やはり日常からコナンを支えているのに実は黒幕だったというのが読者的にはシビれる展開なので、ボスとして最初に盛り上がったキャラクターでした。

しかし、この都市伝説は十分否定できる見解があるため、それを続いて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ボス=阿笠博士の否定説

ボスにコードネームはない

組織のコードネームはお酒の名前であることは全読者周知の事実なのですが、ボスにはコードネームは存在しないということになっています。そのため、ボスとお酒を関連付ける必要はないと考えられます。

コードネームがないからこそ、本名にお酒の名前が付けられているとも考えられますが・・・。

 

カラスと無関係

組織のボスのメールアドレスはコミック46巻にて「#969#6261」と判明しています。そして、この順番にボタン押すとプッシュ音が童謡「七つの子」の「カラスなぜ鳴くの♪」の旋律と同じになります。

そのため、これを伏線として回収すると、阿笠博士との関係性を見つけるのが困難になり、関係がない可能性が生まれます。

 

作者が否定

このボス=阿笠博士説は、一気にネット上で話題になり広まりました。そのため、作者の青山先生に直接伺うインタビュアーも存在するようになりました。その中で、2011年10月の「少年サンデー」の「クラブサンデー公式ブログ」にて黒ずくめの組織に関しての質問が行われ、その中でボスに関する質問もされました。

その際に青山先生は阿笠博士ではないときっぱりと否定しているのです。

これは、推理ものの作者のコメントとして考えてしまった場合、変に勘ぐって色んな思考を巡らせてしまいますが、素直に捉えてもいいかと思います。

また、上記に記載した2006年1月13日の朝日新聞での青山先生のコメントで「原作のどこかに出ている。捜してみて下さい」と言っているために、そこまでメジャーに作品中に出てくる人物ではないのでは・・・と言う予想もされています。

 

 

また、コナンや灰原の正体を知っていながらなぜ生かしているのか・・・という事情も不明であることなどもあり、阿笠博士の説は否定されています。

しかし、阿笠博士がボスと言う説も非常に信憑性がある説がありますよね。こうしたことから、当初は阿笠博士が黒幕と言う設定だったけれど、あまりに黒幕説が蔓延したために途中で切り替えたという説も考えられています。

私も途中で切り替えた説が濃厚のような気がしています。最もインパクトがあり、伏線の回収もできるためですね。

まあでも、作者が否定しているため、もはや違うとしか言わざるを得ないでしょう。笑

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

コメントを残す

サブコンテンツ