満月が与える不思議な現象!株価、人体などに影響!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

月

「やりすぎ都市伝説」にて島田秀平さんが紹介した月に関する不思議な都市伝説!

月と自然と人はどこかで結びあっており、互いに影響しあっていると昔から言われてきました。

しかし、科学的には全く解明できておらず、謎が多い現象ですが絶対何か関係があるはず!と思わずにいられない内容です。

 

 

 

月というのは、人間や動物に影響を与え自然現象にも大きな影響を与えています。

不思議なこともたくさんあります。

月の自転と地球の公転周期が一緒!
月は、地球に対して常に同じ面を向けていてることをご存知でしょうか?

偶然にしてはできすぎている印象がありますがこれだけでおさまりません。
 

例えば、「地球から見ると、月と太陽が同じ大きさに見える」というのもそうですね。非常に不思議な現象です。

なぜなら、「月と地球の距離」の395倍の長さがちょうど「太陽と地球の距離」であり、「月の直径」の395倍が「太陽の直径」にあたるのです。

数学の問題ならば、すっきり解けて気持ちいい!と感じる瞬間ですがそのようなことが自然現象においてもたらされています。

このような不思議なことが多々ある月ですが、その満ち欠けに対しても未知な部分がたくさんあります。

 

 

都市伝説

満月の日には事件が多発するなどの噂があります。

実際、アメリカの精神医が調べてたところ殺人事件の発生率が通常の日の1.4倍
さらに、ニューヨークの街に限りですが放火事件なども2倍にもなるとのことです。

女性の体も月の動きと同じような周期でめぐっています。

これは株価にも影響を与えているとも言われています。明らかに満月では下がり新月では上がってくるという動きがみられます。

月の動きが人間の心理に影響を受けるため顕著に影響を与えているのかもしれません。

このようなことから、昔から月の動きなどを研究しその動きに合わせて様々なことに取り組んできた人は結果が出やすい、成功していると言われます。

月を味方につけている。だから、ツキがあると言われるのですね。

信じるか、信じないかは、あなた次第。

 

スポンサーリンク

 

 

してはいけないこと

満月の夜というのは、上記のように人間に大きな影響を与えます。

感情の起伏も大きくなるため実はやってはいけないことと言われていることもあります。

まずは、願い事をしてはいけません。

その点、願い事に適している「月」の時期は新月の日だと言われています。

これと逆に満月の日は、新月に願った、あるいは目標として制定したことを顧みて、その変化を確認するのにいい時期とされています。

しかし、成就しなかったと言ってもそれを嘆いてはいけません。

そのようなマイナスの感情が何倍にも膨れ上がってしまうのが満月のエネルギー。

静かに自分を見つめなおし、瞑想を行うとよいと言われています。

 

さらには、

喧嘩をしないように愚痴や不満は思ったり言わないように
自己否定をしないように
嫌な過去を思い出さないように
飲み過ぎ・食べ過ぎないように

ということに気を付けたほうがよいそうです。

上記のように感情の起伏が激しくなるとされる満月において、負の感情を思い起こすということはその負のオーラが何倍にも膨れ上がってしまう可能性があるからです。

また、我々人間の身体はほとんどが水分で形成されているため、月との関係で「満月の夜はむくみやすい」とも言われています。

そのため、食べ過ぎると余計に膨張してしまう可能性もあり、「食べ過ぎないほうがいい時期」ともされています。

そのため、食べ過ぎないほうが良いと考えられているのですね。

 

 

さらに、月に関するわくわくする情報。

月の表面で発見されたものの画像を紹介します。

 

人型兵器と噂されている画像。

月面人間

人のサイズと比較すると大きすぎるためエヴァ襲来などと言われています。
ナウシカの巨神兵のように巨人の可能性もあります。

 

さらに、月の表面にある建造物。

月 建造物

文明が発達していることがこの画像の影から確認されています。

もしかしたら、合成写真かもしれませんが・・・。

信じるか、信じないかは、あなた次第。

 

コメントを残す

サブコンテンツ