「魔女の宅急便」危うく放送禁止説?ヤマト運輸と揉めてお金で解決?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

5a9ea090

ジブリの中でも「魔女の宅急便」が一番好きという人も結構多いと思います。

しかし、そんな「魔女の宅急便」に放送禁止令が出されそうになっていたことがあるということをご存知でしょうか?

今回はそんなキキの危機な都市伝説について紹介します。

 

 

 

「宅急便・・・危うく上映禁止に!?」

しかしどうやらこれは都市伝説というよりは実話の可能性が高いです。

実は「宅急便」と言う言葉に秘密があります。

「宅急便」と言う言葉は、かなり我々の日常に紛れ込んだ言葉であり、家に荷物などを運んでくれる業者やサービスは全て「宅急便」であるかのような気がしますが、実はクロネコヤマトで有名なヤマト運輸しか商標としては使用してはいけない言葉なのです。

「佐川急便の宅急便」などという言葉は厳密に言えば間違っているということになるし、それが商標として使用された場合は裁判沙汰になりかねないということです。

しかし、魔女の宅急便製作スタッフ・・・つまりジブリ一派は、当初「宅急便」という言葉がヤマト運輸の登録商標であることを知らなかったそうです。まあ、その種の業界で活動していなければ普通は知らないですよね・・・汗

その為、 魔女の宅急便は著作権を侵害していることになります。

著作権侵害で訴えられたら、大変な損害になるところでしたがタイトルが決まった時に、 制作スタッフがそのことに気づいていたので、一番最初にクロネコヤマトに スポンサーをお願いしたそうです。

クロネコヤマトの答えはオーケー。晴れて無事に「魔女の宅急便」というタイトルで胸を張って製作が勧められたというわけです。

 

 

しかし、ここのやりとりには諸説あって公開直前にヤマト運輸から注意を受けた、という話もあるんです。

「宅急便」という言葉の浸透率が非常に高く、制作側の誰しもがこの言葉にそんな重大な権利が絡んでいたことに気づかずにどんどん製作は進み、ヤマト運輸からの忠告で初めて気が付きました。

その頃にはシャレにならないくらいに製作が進行し、タイトルも「魔女の宅急便」から変更が効かないくらいに宣伝などもされていたのです。

ヤマト運輸からの忠告で映画制作側が気付いた訳なのですが、そこでジブリ側はお金によって、この問題を解決しようとしました。

ヤマト運輸としては、訴訟を起こしてもいいくらいの出来事であり、お怒りになってもジブリとしてはしょうがないという話なのですが、宮崎監督が制作するジブリ作品は人気が高く、「魔女の宅急便」によって「宅急便」という言葉の浸透率はさらに高まるだろうと読んだヤマト運輸は、筆頭スポンサーという形になることで丸く収まりました。

ジブリと訴訟問題でもめるとなると、ヤマト運輸の企業的イメージも低下する恐れもありますし、筆頭スポンサーとして自社のPRを行うことで得られる利益は大きい為、非常にしたたかで賢明な対処であり、大人な対応な印象を受けますね。笑

こうして映画公開前には、大手新聞紙に以下のようなヤマト運輸の広告が出されました。

 

名称未設定 2

 

これは非常にうまい戦略のような気がしますね。

 

「宅急便」と言う言葉は本来、ヤマト運輸しか使用してはいけないということを揶揄し、それが国民的アニメ作品を生み出すジブリに使用されたぞと、大々的にアピールしたのです。

「宅急便」と言う言葉を聞くたびに、ヤマト運輸のことを思い出しそうになるかのようなアピール文ですね。

こうして揉めてお金を請求することはせずに、自社のPRを大々的に行うことに成功し、宅配業の中でも確固たる地位に君臨し続けているのです。

スポンサーリンク

 

上記にはジブリはお金で解決しようとしたとありますが当時のジブリの状況について鈴木プロデューサーのインタビューがあります。

be51

鈴木

 

こうした話から、ジブリに当時はお金で解決できるような資金はなかったように推察されますね。っていうか、逆に訴えられていたらかなりやばい窮地に立たされていたかもしれません。笑

さらにインタビューは続いて、スポンサーによって縛られたりはないのか?という質問に対して

 

名称未設定 1

 

と答えています。

 

以上より、タイトル決定の時点でクロネコヤマトさんとの話は解決していたものと考えられますね。

ですので、危うく放送禁止のなった可能性もありましたが筆頭スポンサーになってもらうことで、大きな問題にもならずに丸く収まった、というのが真相のようですね。

まさにピンチをチャンスに変えたというような印象ですね。国民的アニメといえども、かなり危ない橋を渡り続け、何とかやりくりをして今に至っているということです。

っていうかむしろ、上記の鈴木プロデューサー・・・ちょっと上から目線なので、もしかしたらヤマト運輸の方からジブリに持ちかけた話なのかもしれません。

真実はどこにあるのか・・・信じるか信じないかはあなた次第。笑

 

コメントを残す

サブコンテンツ