知らぬ間に使っているマインドコントロールの方法6選!日常に潜む脅威!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

マインドコントロール

マインドコントロールと聞くと、どこか遠い世界のような印象を受けますが、我々も普段使用しているのです。

今回はそんな実例を紹介したいと思います。

 

 

 

 

 

 

今回は日常に潜むマインドコントロールの魔の手を紹介します。

「魔の手」といっても、まあそれほど気にするものでもないのですが、どういったところに潜んでいるのかと言うことを認識しておくことで、大事に至ることを防げるかもしれませんので、是非ご覧ください。

 

 

返報性

返報性とは他人から何かを受け取った、もらったなどをした場合に、自分もそれ相応のものを返さなければいけないという心理のことです。

これはビジネスなどでは礼儀として「当たり前」に感じることですよね。

しかし、営業をするものにとっては何とかその企業に取り入ろうとしてやってきます。そこで出合い頭に何かしらの贈答品を渡しておけば、その後の交渉を有利に進めることができる可能性が少しでも上がるのです。

社会において、なかなか「無償の愛」は存在しません。

「ギブ&テイク」で成り立っているのです。そしてそこには「貰ったら返す」という心理が大きく関わっていることになります。

 

 

これは決して贈答品などの贈り物に限定した話ではありません。

人は恋をした場合、恋愛感情が向けられた相手には自分を好いてほしいからそれ相応の対応をしますよね。なかなか嫌いな人と同じようには対応できません。

我々は知らず知らずの間にこの返報性を多くの場面で多用しているのです。

 

288ba150cf91b23f1e91d9272526e95c_s

 

 

希少性

これはすでにピンときている人も多いかと思います。

スーパーやコンビニなど商品が陳列しているところに、「限定○○個!」「期間限定!」などの文字が躍っているとついつい買ってしまいがちな人は多いでしょう。

これはまさに販売側からしたら狙い通り。購入者も狙い通りにはまってしまっていることを自覚しつつも、「この期間しか購入できないのだから買っておこう」と開き直っている人も多いかもしれませんね。

これが事件などである偽宗教団体などになると、「あなたは選ばれた人間である」、「あなたじゃなきゃだめなんだ」、「今だけ入会金が無料」などという口説き文句になり、はまっていく人がいるのです。

 

 

0418c21182a1f2db179d09a9dc992749_s

 

 

ローボールテクニック

ローボールテクニックとは心理的抵抗を低くするということです。

これはアダルトビデオのナンパシーンなどを見たことがある人はわかりやすいでしょう。女性の方は見たことがないかもしれませんが、大体最初に声をかけるのは

「お時間はありますか?」

「お金がかかりませんよ」

「今何してたんですか?」

「ちょっとしたアンケートをやっていまして」

「お時間はかかりません」

「謝礼もありますので・・・」

などといった脅威を感じないような低姿勢で入っていきます。

そして、アンケートと称して下着をチラ見させてもらい、次は服を脱いでもらい、電マヲ当てて気持ち良くしちゃいます。

もちろんレベルが上がっていく毎に謝礼があり、非常に低姿勢のまま誘導していきます。一旦感じちゃえばこっちのもの。ホテルに誘い本番やっちゃいます。笑

いきなりこちらが抱いている目的を告げてもそれは成功する確率をグンと下げてしまいます。子供から大人になるにつれて自然と学んでいく生活の知恵の一つですよね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

権威性

人は権力に弱いです。

「長いものには巻かれよ」

なんていうことわざも昔から伝えられているように、そのような風潮は時代を隔てていても変わりはないのです。

 

良くある手法として、CMなどの広告に有名人を起用するというものがありますよね。化粧品や下着などは非常にきれいな女優さんに広告塔になってもらいます。

「こんな美人が使っているなら」、「この女優さんが使っているなら」

と感じて心が揺れ動いたことは数多くあるでしょう。例え商品の効果がそこまでなくても、その商品を宣伝している人を信頼して購入に至るケースは結構あると思います。

 

また、社会的に影響のある人とわかった時や、有名企業のお偉いさんだとわかった時に急に態度を変えたり・・・。非常に恥ずかしいですが、人間として生きる以上仕方のない部分なのかもしれません。

 

 

知覚のコントラスト

「ドラえもんの映画版ではジャイアンが非常にいいやつになる」というのはかなり有名な話でしょう。

しかし、映画でジャイアンがやっていることを、出木杉君がやったらそれはいつもの出木杉君だからそんなに話題にもならないし、感動もしないのです。

普段しないようなジャイアンがすることで生まれるギャップ。これが重要になります。

 

 

こういったケースは今まで生きてきた中で幾度も経験してきたでしょう。

同じ食材、同じ調理工程を施した料理に対して、高級料理店で食す場合と今にもつぶれそうな料理店で食す場合ではその美味しさはかわってくるでしょう。

ブスの性器が臭いのは嫌なのに、美人の性器が臭かったら急に興奮材料に変わる人もいるでしょう。笑

 

b9ba2458dfa2e4624a978095cd78104c_s

 

 

嫉妬心

これは恋愛をする際に意図的に仕掛けたことがある人もいるのでは?

あえて異性の友人と遊んだことを恋人に報告することで妬きもちを焼かせて愛情を確認したり・・・。

これは洗脳をする上でも非常に役立つポイントで、偽宗教団体などが新規で入った信者よりも、元々いた信者に対してあえて熱心に指導する姿を見せ、新規の信者に自分にも振り向いてほしいという気持ちを湧き上がらせて、より周囲を見えなくさせるという方法が行われているようです。

 

 

 

以上が日常であふれるマインドコントロールの数々。

マインドコントロールをするという意識で行っていなくても、意外と自分が過去にしてきたことと直結する部分がありますよね。

 

中でも恋愛に関してはマインドコントロールのし合い。笑

そう考えるとちょっと怖くもなりますが、それほど必死なのでしょうね。世にいう「小悪魔」などは自然とこのマインドコントロールができていたりもします。

 

 

変な事件に巻き込まれるだけではないマインドコントロール。

皆さんも悪事は働かない程度に有効に活用しましょう。笑

ちなみに悪事に利用した例がこちら。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ