紅の豚都市伝説!ポルコの飛行機のモデルとは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

飛行機

 

男の中の男・・・ポルコ・ロッソが乗っていた飛行機とは?

 

 

 

ポルコの飛行機

img_1030851_23925103_0

 

ポルコ・ロッソは元空軍のエースであり、飛行機乗りです。

愛用している飛行機は「サボイアS-21」というもので、元々はイタリア空軍向けの戦闘飛行艇として1機のみ試作的に制作され、視野の悪さや安定性の悪さなどから乗りこなせる人が少なく、量産はされなかったという設定の飛行艇です。

それをポルコが買い取り、愛用しています。

 

「紅の豚」を象徴するような赤いフォルムが印象的な飛行機です。

劇中ではひどく損傷したために改修してもらうシーンがあります。あの時に飛行艇のスペックの設定が変わったのご存知でした?笑

 

改修前のスペックは以下のようなもの。

エンジン:イゾッタ・フラスキーニ・アッソ水冷V型12気筒、600馬力
武装:7.92mmシュパンダウ機銃 2丁
乗員:1名

 

改修後のスペックは以下のようなもの。

エンジン:フィアットAS.2水冷V型12気筒(フォルゴーレと呼ばれる)、720馬力
最高速度:330km/h
武装:7.92mm シュパンダウ機銃1丁
乗員:2名

 

 

モデル

ポルコが乗っている飛行艇「サボイアS-21」の「サボイア」は実際に実在したイタリアの航空機メーカーであり爆撃機等を製造していた会社です。

「S-21」の型番の名がつけられたものもあったそうですが、それを製造した際には
SIAI社に吸収合併されSIAI-サボイアという社名になってからだそうで、正確に「サボイアS-21」という名の飛行艇は実際には存在しなかったと言われています。

「SIAI‐サボイアS-21」は複葉機であり、その外観もポルコの愛用していたサボイアS-21とは違ったものだったそうです。

300px-SIAI_S_21https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/thumb/8/83/SIAI_S.21.jpg/300px-SIAI_S.21.jpg引用

 

「複葉機」は翼が2枚ある機体のことですね。宮崎監督は複葉機に対して以下のようにかたっていました。

紅4

 

ものすごく少年のような気持ちを持っていることが伺えますよね。笑

 

スポンサーリンク

 

さて、そんな「サボイアS-21」ですが、ネットをあさってみたところ、モデルとなった機種が二つ発見できました。

 

マッキ M.33

一つ目は「マッキ M.33 」

 

Macchi_M_33https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/1a/Macchi_M.33.jpg引用

 

FreedomAir

二つ目はFreedomAirという飛行機会社の飛行機。

 

m_m_E382B5E3839CE382A4E4BA9Chttp://trendnewssokuhou.c.blog.so-net.ne.jp/_images/blog/_fa8/trendnewssokuhou/m_m_E382B5E3839CE382A4E4BA9C.jpg?c=a0引用

 

 

まったくもってソースは不明。笑

まあ後者の飛行機は確かに似ている・・・。色とかね。笑

ちなみに宮崎監督はインタビューで

紅5

 

というようなことを語っています。この宮崎監督が好きなダグラスDC-3がこれ。

 

DC3PUB8977http://www.dc3pub.com/images/cms/DC3PUB8977.jpg引用

 

 

確かに、めちゃくちゃかっこいい・・・。

 

ジブリ作品と言えば、たくさん飛行艇が出てきましたが、宮崎監督としてはそこまで思い入れの強いものではないようですね。しかし、こうした思いも語っています。

 

E1378461173017_1http://xn--u9jt73g5sao94bqv6ce6h.jp/wp-content/uploads/2015/09/E1378461173017_1.jpg引用

 

紅6

 

こういう「変態的」なこだわり、個人的に大好きです。笑

このようなこだわりからジブリはどこか郷愁をさそい、愛しやすい作品になっているのかもしれません。

ちょっと肝心の飛行機のモデルのソースは信憑性がかけまくっている情報ですが、信じるか信じないかは、あなた次第。笑

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ