サザエさんエンディングが2番の理由!家の設計図も掲載!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ie

通常アニメやドラマで流されるテーマ曲と言うものは1番であるというイメージを持ちます。

確かに、おそらく9割の作品が1番の部分を起用していると思います。

しかし、作品に合う合わないという理由の元、稀に2番や3番の部分が作品の中で流されていることがあります。

身の回りにはないと思うでしょう?国民的アニメ「サザエさん」がそうなのです!

その真相とは?

 

 

 

 

 

 

 

サザエさんエンディング

サザエさんのエンディングテーマといえば!

もうこれ以外考えられないですよね。テレビからこの曲が流れてきたら、それは同時に日曜の夕方を指し示すものであり、聞いた瞬間憂鬱になってしまう人も多いかと思います。笑

では、その曲中の歌詞を1番から3番まで紹介します。作詞は林春生さんです。

 

サザエ歌

確かに、聞きなれた部分は2番の歌詞であることが理解できるでしょう。

 

 

サザエさんエンディング2番の理由

では、なぜサザエさんにおいて、エンディングテーマが2番である理由を考えていきましょう。

その理由とは・・・上記の歌詞を読んでみたらわかるでしょう。

1番は歌詞とアニメの描写が合わないために流していないのです。アニメのサザエさんの家は平屋である印象が強いですよね。

2階部分はなく、びろーんと1階部分が広いですよ。

最近では本田翼さんなどが出演している月9「恋仲」でも「サザエさんの家の設計図書いて!」とその家が話題になりました。

 

isonokehttp://matome.naver.jp/odai/2141906568631685401/2141906955435187203引用

 

実は「サザエさん」は漫画原作とアニメではいろんな部分が変化して放送されているのですね。

大人の事情というところでしょうか。原作ではタラちゃんがやんちゃだったり、犬を飼っていたり、舟さんがめっちゃ怖かったり・・・。その中に、このように家の造りの違いが生じています。

原作では、サザエさんは原作者である長谷川町子さんが引越しをしたタイミングでサザエさん一家も引越しをしてるんですね。

その際に伊佐坂先生の表の家の二世代住宅を買ったという設定になっているために、原作では2階建てなのですね。

そのため、エンディングテーマが考案された際には、「原作では」サザエさんは2階建ての家に住んでいるのですが、アニメでは平屋に住んでいるため、ここに差が生じてしまうのです。

以上のような理由でアニメ作品では2番の歌詞に落ち着くんですね。

 

 

スポンサーリンク

 

 

家の違いの裏側

原作とアニメで家の構造が違う理由としては様々語られています。都市伝説的なものとしては2つありますね。

 

家事にあったため

まずは、サザエさんの家が火事に遭ったために平屋が建て直されて今のアニメの家の構造になっているという説。

 

隠されている

そして、二つ目の都市伝説としては、実は2階へつながる階段がどこかに存在しているというもの。噂では、カツオとワカメの部屋の前にある廊下の天井部分に秘密のはしごが存在すると言われています。

まるで明治維新に向けて倒幕派がクラーク邸の天井裏で知られてはいけない話をしていたエピソードみたいですが。笑

 

 

おまけ

現代風「サザエさんの家」

東京都・文京区シビックセンターにて7月3日~5日まで開催された「家をつくろう展4」では建築家をもっと身近に感じてもらうためにサザエさんの家を作るというテーマにチャレンジしたそうです。

そこで作られたのが以下の画像。

 

93824_main

93824_sub2

http://suumo.jp/journal/2015/07/10/93824/引用

 

家の間取りは5LEK(※筆者が勝手に命名、Eは「縁側」)。

2世帯住宅でありそうな・・・というかサザエさんは3世帯住宅か。アニメでは平屋でだだっ広い印象が強いサザエさんの家ですが、2階建てですごくシンプルな設計の印象がありますね。

現代チックでかっこいいです。

 

エンディングの真相

エンディングでは、最後にサザエさんの家族が家に入っていくシーンがありますよね。そこで家がグオングオン揺れる描写があるのですが、その真相を解明した動画があるんです。

 

それがこちら。

 

死んでる、死んでるよ!笑

「アルプスの少女ハイジ」のハイジが漕いでいたブランコがじつはめちゃくちゃ速いという話もありましたが、そうしたパロディはけっこう面白いものですよね。笑

以上、サザエさんのエンディングにまつわるあれやこれやでした。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ