イースター島モアイ像の謎!文字解読不明!20世紀最大の都市伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

moaizou

 

島全体が都市伝説に満ちている都市伝説アイランド、イースター島をご紹介します。

モアイ像が点在しているこの不思議な島の謎はいつか解明することがあるのでしょうか・・・。

生きているうちに一度は行ってみたい島として名を上げる人も少なくないかもしれませんね。

 

 

 

 

 

「イースター島」や「モアイ像」という名前は誰しもが一度は耳にしたことがあるかとは思いますが、何がどのように謎なのかは知らない人も多いかと思います。

シマの大きさは周囲58kmあり、面積が180平方km。

日本の島で言うと、北海道にある利尻島と同程度の大きさであり、そこまで大きな島ではないことがお分かりいただけるでしょう。

この島の際だのミステリーは、やはりモアイ像。

一概にモアイ像と言っても、その大きさや重さはまちまちであり、平均を見ると3.5m、20t程度と言われています。

この平均の大きさのモアイ像でも十分に重く、大きなものです。良く写真などで見かけるモアイ像が大体このサイズになるのですが、中には最大にして20m、90tのモアイ像も存在するのです。

平均のサイズの5倍から6倍程度のサイズ感・・・相当の存在感がある像だということがわかりますね。

 

 

運んだ方法

さて、モアイ像のサイズ感についてはお分かりいただけたかと思いますが、ピラミッドなども含め、昔の遺産は例えそれを作ることが出来たとしても運ぶ術がないのです。

さきほども記述したようにモアイ像は20m、90トンにも及ぶものがあるのです。

運べないならその場で削って作ればいいじゃん、と思いますよね。

しかし、それができないからこそミステリーなのです。

モアイ像の材質は、島の中でもラノ・ララクという山にしか析出しない凝灰石から作成されています。

つまり、その山で作るか、切り出した石を作業場へ持っていき、モアイ像を作成するかということになります。
どちらにせよ運ばなければ島内に配置することはできないと考えられているのです。

一般的な学説としては、彫ったあと縄で引っ張って海岸まで運び、石台の上に立てたとされています。これが高度な技術がない古代の時代においてスタンダードな方法であり、最も現実的な方法であると考えられます。

縄の材質は椰子やシュロの木などの繊維から作られたと推察されています。

以上の仮説を立て、椰子やシュロの木から作った縄を使用してモアイ像を運ぶシミュレーションが行われました。

その実験では10トンクラスの石像はどうにか運ぶことが出来ました。

石などを支えに使って立ち上がらせることも出来、石像を立てた状態で運搬する方法も立証できており、そこに関わる人数も少量で済むということがわかっています。

 

しかし、この実験では壁があるのです。

まずは10mクラスでしか適用できず、90mの像に関しては手も足も出ない・・・もしくは人数が相当必要になるということ。また、運ぶ道筋が砂地に限るということです。

現実には、崖を100mも下った場所にモアイ像が点在していたり、6km以上も離れた場所に像があったりと、それを実現するには不可能に近いのです。

運搬

不可能なんです。
どう考えても不可能。

 

そのため、鳥人伝説というものも伝えられています。

鳥人

ちょっとぶっとんだ説ではありますが、昔には空を自由に飛ぶことのできる鳥人間が存在しており、その鳥人たちが自由に何tもある巨像を島のあちこちに点在したという説です。

この鳥人は宇宙などからやってきた宇宙人的な存在であり、イースター島はこうした異星人によって建設されたという説さえもあります。

こうした「鳥人説」を物語るように、島のあちらこちらで「大きな目をした空を飛ぶ人間の彫刻」が彫られているのです。

さて、その真偽は如何に。

 

スポンサーリンク

 

モアイ像は何を現しているのか

科学はどんどん進歩しており、それによってイースター島の調査も進められています。

そもそもモアイ像が何のために島の至る所に点在しているのかということがわかっていないため、少しずつでも解明していくことには大きなロマンがあります。

最近の調査では、モアイ像の台座には人の骨が埋められていることが多々あり、何らかの墓碑なのではないかとも提唱されています。

他には、部族間の紛争が絶えなかったため、相手を捕虜とした場合に奴隷として作成させたという説や、ありがちではありますが地蔵のように神的な信仰する対象として建設したという説も考えられています。

 

 

サンゴ質な物質を使用

目

モアイの目の部分というのは深く掘られているだけの彫りの深い顔立ちのような印象が強いですが、実はもともと目がはめ込まれていたことが判明しています。

目は白い材質で作られており、これはサンゴ質の石灰岩が使用されているのです。

ここで面白い調査結果があるのですが、実はイースター島にサンゴ礁は存在しないのです。もしかしたら、遠い過去にあったのかもしれませんが、過去の時代からずっとないのであれば、イースター島で暮らしていた民族が他の島の民族などと交流があった可能性があるのです。

そのため、もしかしたらこうした交流相手に敬意を示すために建設されたのかもしれません。

もしくは鳥人が他の島から自由にもってきたのか・・・?

 

 

モアイ像の帽子

帽子

モアイ像の帽子というのも、一般的には知られていませんが、実は、帽子をかぶっている姿が本来のモアイ像の姿とされています。

頭の上に高さ1.5mほど、直径2mぐらいの赤い石の帽子がかぶらされていたそうです。材質は火山岩であるスコリアであり、帽子だけでも数tの重さがあります。

どうやらこの帽子は、男性の髪を結んだ像を再現しているようだと仮説が立てられており、それによりモアイ像は男性をモチーフにしていると言われています。

そして子の帽子さえも運んだ手段が不明なのです。

運べても、巨大な像にかぶせる作業というのはクレーン車などがなければ到底無理です。

 

 

イースター島衰退の真相

このように現代に科学により、様々な遺跡跡から判明している部分があるのですが、それが逆に新たな大きな問題を生んでいます。

もう謎だらけで、何もかも不明なのです。

どうして、そういった経緯になってしまったのか・・・これにはイースター島の衰退と、大きく滅んでしまった過去が関係しています。

本来であれば過去の文明は、その当時使用されていた文字などが発見、解読され、徐々にでもその当時の暮らしと言うものが解明されていくものなのですが、イースター島に関してはこうしたヒントがほぼないに等しいのです。

当時の気孔は亜熱帯性雨林であったと推察でき、人口増のために大量に森林を伐採した結果、表土が流れ出し、大規模な飢饉が発生したと考えられています。

それにより生じた部族間闘争が起こり、その際にモアイ像が倒されたと言われています。

現在に至るまでたくさんのモアイ像が倒れた姿で見つかっているのはその紛争のためだと言われています。

倒れた

そうして文明の衰退が起き、西洋人によって島民の文化は破壊され、奴隷として連れて行かれたり、天然痘により島民の大半が死亡し記憶や記録が途絶え、島固有の文化である文字「コハウロンゴロンゴ」を読める人がいなくなってしまったため、ここまで不明な点が多くできてしまったと考えられています。

さらにキリスト教布教の際、コハウロンゴロンゴが多数焼かれてしまい、少しの手がかりさえも失ってしまいました。

このように、謎が謎を呼び今では20世紀最大の謎とまで言われています。

いつか解明できる日が来るのでしょうか。

過去の人間は何を思い、何のためにモアイ像を建設したのか・・・そこには異星人が関わっていたのか・・・。

信じるか信じないかはあなた次第。

 

コメントを残す

サブコンテンツ