耳をすませばと猫の恩返し、千と千尋は繋がってる都市伝説


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

mu-nn

ジブリ作品同士のつながりはいたるところで確認されていますが「耳をすませば」でも、他作品とつながりがあると言われています。

有名なところだと「耳をすませば」と「猫の恩返し」。

でも、実は「千と千尋の神隠し」ともつながっていることをご存知でしたか?

 

 

 

「猫の恩返し」とのつながり

「猫の恩返し」は、森田宏幸というあまり馴染みのない名前の監督が務めたジブリ作品です。

高畑監督や宮崎監督ではなく、さらに「耳をすませば」の制作を担当した近藤喜文監督でもない人が監督を務めているんです。

これには短編の作品を依頼されて、「となりの山田くん」を製作した森田監督に委託したところ映画作品として世にだせる長編作品出来るとにらんだ鈴木プロデューサーが打診をして、急きょ長編作品へと移行する流れになったという背景があります。

森田監督は後に伝説的アニメ作品として名前が上がる「ぼくらの」を製作した監督です。

 

「猫の恩返し」はそうした制作秘話のもと、2002年に「ギブリーズ episode2」と同時上映で公開されました。

そうして製作された「猫の恩返し」が「耳をすませば」と関連付けられる大きな理由として、まずは両作品で重要な役を務める「バロン」という猫の男爵が共通して出演している点ですね。

baronn

 

また、「耳をすませば」で色んな家庭からいろんな呼び名で呼ばれているあのブタ猫が、「猫の恩返し」に出ているんですね。

「耳をすませば」では、月のように真ん丸であるため、聖司君から「ムーン」と呼ばれています。

「猫の恩返し」では「ルナルド・ムーン」という名で登場するキャラクターがいます。

mun

 

こうしたことから「猫の恩返し」は「耳をすませば」の雫が将来的に描いた作品であるという説と、雫の感受性を表現した雫の脳内説というものがささやかれています。

 

 

真相?

事の真相としては実に単純なのですが、「猫の恩返し」は「耳をすませば」の主人公である雫が書いた物語という位置づけのスピンオフ作品として製作が開始された作品です。

実際には、「耳をすませば」の原作者である柊あおいさんが、宮崎監督の依頼にて描いた「バロン 猫の男爵」という作品で、それをもとに「猫の恩返し」は制作されました。

そのため、雫が愛したバロンが登場しているんです。

何とも素敵なストーリー。この作品を描いている雫は聖司君と結婚できているんでしょうかね。あのと女官で執筆した作品かもしれませんよ。

そう思うと胸がときめくのは、やはりジブリの世界観が魅力的だからでしょうね。聖司君が雫を射止めたのは聖司君のストーカーまがいの綿密なる計画の元だという都市伝説もありますが・・・。笑

 

「千と千尋の神隠し」とのつながり

「耳をすませば」と「千と千尋の神隠し」とのつながりは、「千と千尋の神隠し」の原作として考えられている本を「耳をすませば」の劇中で、天沢聖司が読んでいることに由来します。

それがこの画像。

20130705145231http://d.hatena.ne.jp/type-r/20130705引用

原作は私が諸説調べたところ二つ候補があります。「霧のむこうのふしぎな町」と「クラバード」。

この聖司君が読んでいる本は柏葉幸子作の「霧のむこうのふしぎな町」です。劇場用パンフレットにも「耳をすませば」の制作にあたり「霧のむこうのふしぎな町」の影響を受けていることなどが記載されていました。

 

スポンサーリンク

 

おまけ

おまけの都市伝説を紹介します。

「耳をすませば」の都市伝説として「耳をすませばは自殺を誘発する!?」という都市伝説が存在します。

一見何か不思議な力が働いて怖いと感じるかもしれませんが、何ともない都市伝説です。

事の真相はと言うと、天沢聖司君が中学生なのにバイオリンを製作することができ、そしてそれを夢なんかにしちゃってしまいには外国に留学してしまう。ただでさえイケメン、頭脳明晰でハイスペックなのに、こんな大志を抱き、作品の最後には天真爛漫な文学少女にプロポーズまで決めてしまうと言うありさま。

なんとも我々庶民とはかけ離れた存在。ザ・リア充。

31166b44896b725d14b63eaba39a5011_s

 

そうして「耳をすませば」を見た男性諸君は自分との差に愕然として戦闘不能に。

女子はこんな王子さまがいつか突然現れることを期待し、こんな素敵なプロポーズに憧れますが、そんな人は来ない。戦闘不能に。

 

それが結果的に「耳をすませばは自殺を誘発する!?」なんていう都市伝説に化けて語られているんです。

簡単にいうと、自宅警備員を兼務する我々庶民がザ・リア充ハイスペックイケメンに気おくれして、気がめいるということです。ああ、書いてて自分が切なくなってきました。笑

以上で、今回の都市伝説を終了します。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ