二コラ・テスラ!エジソンに消された天才発明家!歴史に埋もれた理由!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

二コラ・テスラ

天才科学者として能力がありすぎましたが、なぜか表の舞台にその名が轟かない二コラ・テスラ。

同時代に活躍したエジソンよりも、天才的であったという話もありますが、なぜテスラは歴史に埋もれてしまったのでしょうか・・・。

 

 

 

 

 

 

 

エジソンと言えば、有名な言葉あります。

エジソン

 

この言葉を皮肉ったようなテスラの言葉があります。それが

テスラ

 

「才能」を「閃き」と言い換え、しかもそれは圧倒的な努力の量を上回るものでなければいけないと定義しました。

こうした対照的な言葉にも象徴されるように、如何に二人が対極的な存在であったか・・・その確執がわかります。

 

 

二コラ・テスラ

テスラは1856年、オーストリアに生まれました。全盛期にはエジソンの電力会社に勤務しました。

「交流電磁誘導」を発見し、偉大な科学者・発明家としてその筋では非常に有名です。

当時はエジソンが提唱した直流方式が圧倒的なシェアを誇り、エジソンが発明した「白熱電球」や「トースター」が一般的に使用されていました。

しかし、この直流方式は電力消費が激しかったため、テスラは交流方式を唱えたのです。

 

 

交流方式と直流方式

壁のコンセントから取れる100Vの電源は交流電源です、乾電池やACアダプターから得られる電源は直流電源です。直流の電力は大きさを保ちやすく、逆に交流は大きさを変えやすいという利点があると言われています。

この「交流方式」というのは、「交流電化」として鉄道の電化方式の一つとして用いられています。大容量送電が可能であったり、送電ロスが少なく済んだりと直流に比べて利点が多いため採用されています。

ここからもわかるように「送電」などを考えると、圧倒的に交流方式のほうが良く、シェアの大きさとしては交流の方が大きいです。

その点、家電が直接的に動くうえでは直流方式がとられています。

 

 

こうした交流方式の原点となるのが二コラ・テスラの発見です。そのため、非常にその恩恵をいただいているため、もっとテスラの名が知れ渡ってもいいのでは・・・と感じるのですが、なぜか圧倒的にエジソンの名の方が有名です。

 

ここに、上記のような二人の確執があったと言われているのです。

 

エジソンと言うと、一日三食文化を定着させた人物として度々語られます。これは一体どういうことかと言うと、自身が発明した「トースター」が売れるように、朝食と言う文化を創り出したと言われているのです。

ここからわかるように、エジソンは非常に経営者としては「やり手」なのです。自分が発明したものを販売するためならば、新たな文化さえも提唱してしまうのです。

こうした背景でテスラの発明したものは陰に埋もれて行った・・・陰に埋もらされたと考えられているのです。

エジソンに対して、テスラは如何にコストを下げて電力を輸送することが出来るのか・・・それを考えていました。そこから提唱されるのが交流方式です。

また、テスラはテスラコイルと呼ばれる偉大な発明もしており、この方式を用いて掃除機やドライヤーなどが開発されました。

電気と言うのは今も昔も大きなエネルギー源であり、そこには様々な権力が付きまといます。そこで対極にいたのがこのエジソンとテスラ。確執が生まれてしまうのは必然だったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

電気椅子

そして、「交流方式」を悪い印象にすべくエジソンが行った処置と言うのが「電気椅子」に交流方式を採用したという話です。

当時は絞首刑の廃止論が高まってる時期であり、新たな処刑法で、さらに死に至るまでに苦しみが少ない電気椅子が採用されました。

ここに便乗して直流方式を普及させたかったエジソンが電気椅子に交流方式を採用し、その危険性を印象付けようとしたのです。

こうした背景によって、交流方式はその当時影が薄くなっていきました。

現代では多くの場面で採用され、普及されているのにもかかわらず、テスラの名が世に出ないのにはこうした歴史があったのです。

 

 

軍も関与・・・?

テスラが亡くなった際には、多くの発明品が二コラ・テスラミュージアムに展示されるようになりましたが、その一部の資料はアメリカ軍とFBIが徴集し、その考え方や発明したものは軍事に利用されていると言います。

その代表的なものが、「HAARP」(高周波活性オーロラ調査プログラム)。

 

HAARP20lhttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/7/71/HAARP20l.jpg引用

 

この軍事発明は表向きはオーロラ調査とされていますが、裏では莫大な威力のある軍事兵器として都市伝説が語られています。

こうした軍事背景によってもテスラ存在は表向きにされていないのかもしれません。

テスラミュージアムの係員によると、テスラが亡くなってから100年経過した今でもテスラを超える発明家は出現していません。

 

そして、テスラが晩年語っていた無線送電装置(テスラコイル)の出力を上げれば

「この地球さえもリンゴを割るように二つに割ることが出来る。」

という言葉。宇宙開発事業などでトップをとりたいアメリカ軍はテスラの名をあまり普及させたくはないのか・・・。はたまたエジソンの隠ぺい工作があったからなのか・・・。

 

 

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ