宇宙人は未来人間説!未来の人間予想とリトルグレイとの奇妙な一致!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

リトルグレイ-300x220

宇宙人が持つ技術は現代の人間では生み出すことが出来ないもの・・・というのはなぜか常識として広まっています。

高度な文明を持っている・・・ということは未来人が宇宙人?

その根拠となるような話を紹介します。

 

 

 

 

宇宙人の姿

みなさんは、宇宙人と言われるとどのようなヴィジュアルを想像するでしょうか?

大抵はリトルグレイと呼ばれるこのようなタイプなのではないでしょうか??

宇宙人

メディアの操作かもしれませんが何故かこのようなヴィジュアルを思い浮かべてしまいます。

 

 

 

未来人の姿

さて、ここで未来人について考察していきます。

「未来人」と聞いて、みなさんはどうのような姿を想像するでしょうか?

ドラマ「漂流教室」で出てきた未来人間を想像するでしょうか?
それともウルトラマンのような変身できる感じでしょうか?

ダーウィンの進化論は否定されてきてはいますが、人間は現在に至るまで少なからず進化しています。

自分の祖父母の時代に比べても進化はしていますよね。

多少足が長くなり、多少身長自体が伸びています。
外国に目を向けて見ると、アメリカは肉食化が進み腸の作りが日本人のそれとは違いますよね。

このまま時代の変化に応じて人間が変化していくとすると、予測されている人間の将来の姿がどんなものか知っているでしょうか。

人間がどのように変化していくかというのは、今後文明や技術がどのように発達をし、それのよって人間には何が必要になって何が不必要になっていくのかを考えれば見えてきます。

 

スポンサーリンク

 

 

【目】

昔に比べ、現代人は相当目を酷使していると思います。

そのため、視力は衰えメガネやコンタクトは当たり前の時代に突入しています。

テレビやパソコン、スマホ。
昔には存在しなかった、デジタル機器の普及により、「目」を使う頻度が増えました。

これは、時代が進むにつれてテクノロジーも進化していくと思いますので、目で情報を獲得していくのは間違いないでしょう。
なので、将来的には「目」が大きくなると考えられています。

 

【体】

昔の人間は狩りをしていましたね。

現代では、農業や酪農はあるものの、明らかに昔に比べて「生きるために」体を動かすことはすくなくなりました。

そして未来を考えていくと、現在行われている肉体労働というカテゴリに分類される作業は、優先的に機械化が進み、人々が背負う負担は少なくなっていくことが考えられます。

そのため、将来的には、体は細くなっていき、筋力は最低限のものしか残らなくなっていくのではないでしょうか。

 

【頭】

身体はあまり動かさなくなりましたが、現代社会は情報社会です。

どれが自分に必要な情報であるのか、その情報の真偽はどうなのか・・・我々は何気なく生活していますが、その中には信じられないくらいの「判断」が行われています。

昔と比べ、労働の在り方が、肉体労働から知的労働に変化しています。

これは上記で上げたロボット社会も、大きく関わってくると思います。

単純作業などはロボットに任せられるため、人間は頭を使って効率化や、複雑化させていくことに尽力することになると思います。

なので、頭部は大きくなると考えられています。

 

 

ここまで見てきて、人間の未来像は見えてきたででしょうか??

最初に思い浮かべたリトルグレイの姿そのままのものが未来人間の姿に一致しませんでしたか?

現代社会で目撃情報が報告されているリトルグレイに代表される宇宙人は、未来の人間なのでは・・・ということですね。

 

 

あくまでも都市伝説ですが結構面白い考え方です。

将来的に科学技術が発達し、タイムマシーンを作った未来人が、現代にやってきたものが現代では宇宙人と呼称されているということですね。

今でこそ、タイムマシンなんてものはないと言われていますが、未来に進むとどうなるかなんてわからないですからね。

過去にはあり得なかったように今ではノートパソコンを当たり前のように持ち歩き、軽量化、低価格化がどんどん進んでいます。

スマホの画面を手につけたブレスレットから腕に投写し、それを操作できるというものも販売間近のようですよ。

よく、進んだ科学技術をテーマにしているアニメなどで見るような、空中にスマホのような操作できる画面が浮かび上がるというのが、当たり前の世の中になるのも、もう近いですね。

以上、宇宙人に関する都市伝説でした。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

コメントを残す

サブコンテンツ