家電の都市伝説!軍事技術が家電に?殺人光線は電子レンジに?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

mobale

 

戦争を思い浮かべてください。

軍事兵器がたくさん思い浮かび、非常に怖いですよね。

しかし、そんな軍事兵器が我々の身近なものへ応用されているのをご存知でしたか?

 

 

 

 

 

 

戦争末期、「殺人光線」と呼ばれる兵器研究所がなんと静岡県島田市にありました。

この研究所には有名な湯川先生なども訪れていたようで、数々の名だたる研究者が在籍していました。

日本における軍事技術というのはアメリカやヨーロッパ諸国に比べても進んだものになっており、万が一、アメリカの原爆投下が遅かったならばそれ以上の画期的な軍事兵器を開発し戦況はひっくり返ったかもしれません。

戦後は発達した日本の軍事技術を恐れたアメリカは日本に飛行機などの製造をやめさせました。

近年、やっとそれが解禁になったようで国産の飛行機が開発されました。

車産業などを見ても日本は進んでいますよね。そのように、軍事技術にかんしても大きく発達していたのです。

そして、冒頭の「殺人光線」。これは「マグネトロン(磁電管)」というものを研究していたのですね。
その研究が行われた場所は海軍技術廠電波一科島田分室であり通称「Z研究」と呼ばれていました。

「Z」というのはアルファベットの最後をあらわしておりそのような意味から「最終兵器」という意味合いが込められていました。

これによる、超強力な電磁波によってエンジンを故障させ、敵の飛行機を墜落させる研究がされていたのです。

この電磁波の研究は、サツマイモを焼きいもにすることがやっとだったものの、やがては少し離れた距離のウサギを殺すことが可能となり、徐々に軍事兵器の実用化に向けて研究が進められていました。

しかし大型化、もっと大きな規模で行うということに苦労し、なしとげられないまま、終戦を迎えてしまったそうです。
そして、終戦後、GHQによりこの研究所の資料はすべて持っていかれました。

その資料が、現在何に応用されているか。アメリカの軍事兵器に応用されているのかと思いきや現在マグネトロン(磁電菅)も小型になり皆さんの身近にある電子レンジに応用されているのです。

電子レンジの始まりは、アメリカのレイセオン社で勤めていたパーシー・スペンサーさんによるレーザーに関する研究の際に、マイクロ波によって急速に物体を加熱することが発見されたことだとされています。

これが1945年頃のこと。

もちろん、軍事兵器としても転用されているとは思います。
このような技術が身近にあるというのは何か違和感を感じますが
このような恩恵を受けているのも事実。

他にどのようなものがあるのか、ご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

 

 

ルンバ

ルンバは、自動的に走り回って床の掃除機がけを行ってくれるロボットです。

しかしルンバは米アイロボット社が軍事用に開発した地雷探査ロボット「アービー」をベースにしたものと言われています。

 

 

GPS(グローバル・ポジショニング・システム)

携帯でも簡単に使用でき、現在はカーナビなどに起用されなくてはならない旅のお供として活躍しています。
しかしこれは、軍事用のナビゲーションシステムとして開発された測位衛星の技術です。

アメリカが約30個のGPS衛星を打ち上げていて、それらのうち数個の衛星からGPS受信機で信号を受け取ることで受信者の現在位置を知ることができるシステム。

 

 

携帯電話

携帯電話は軍事用の無線の技術が応用されている・・・というのはあまりにも有名すぎるかもしれませんね。

じゃあ、現代において軍事用で使用されている無線って・・・一体どんなものなのだろうと胸が熱くなる瞬間です。笑

 

 

デジタルカメラ

デジタルカメラもまた軍事技術による賜物です。

スパイ衛星で使用されているCCDカメラと電子メモリーの技術が利用され、現在に至っています。

 

 

ティッシュペーパー

これは意外なのですが、近年なかったら非常に困るティッシュペーパーも実は軍事技術の転換。

ティッシュが戦争の地でどのように使用されていたのかと言うと、ガスマスクのフィルターなのです。

脱脂綿などの代用として使用されていました。確かに薄くて持ち運びが便利であり、吸収力が高い為、戦地では有効的だったのでしょう。

 

 

以上のように身近にあり日常で使用しているものでも軍事兵器として使用されていたものがあるかもしれません。

なくてはならないものでさえも・・・。

いま、戦地ではどのようなものが使用されているのでしょうか・・・。

それは将来の我々の生活を一段と豊かにしてくれるのは間違いありませんが、多くの血を流す元になった技術なのかもしれません。

信じるか、信じないかは、あなた次第。

コメントを残す

サブコンテンツ