パラレルワールド?実在しない国から来た紳士!時間軸を超えたのか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

パラレルワールド

 

タイムトラベルが語られる時、「違う世界線」という言い回しがされる時があります。

この場合、それはパラレルワールドのようなへ乞う世界が存在することを肯定することになります。

今回はそんなパラレルワールドが実在するような事例。

この世界線に迷い込んでしまった紳士のお話。

 

 

 

 

 

 

 

まずは話の全貌を紹介します。いくつかツッコミを入れたいところがあるのですが、それは後述するとして、まずは事件のストーリーをご覧ください。

 

 

 

c255e7442ed1c7108b6d93c366b2a526_s

 

事件が起こったのは1954年7月。

紳士風のたたずまいをしたある男が羽田空港に現れました。

しかし、日本はこの紳士風な男の入国を拒否。入国拒否というのは、審査上、稀にあることではありますが、この紳士が拒否された理由は、男が持っているパスポートが「存在しない国」のパスポートであったためです。

 

515a94b62e5d7fd67a388728d2d9cd0c_s

 

普通偽造したパスポートを持っている人と言うのは、実在する国で製造します。実在しない国のパスポートを持つというのは明らかに入国審査で通らなくなってしまうことがわかります。にぎやかし・・・の線もありますが下手したら命を失う可能性もあるため、実に不可解な男として事情聴取が行われました。

その男が所持していたパスポートには「トレド」という国名が記載されていました。つまりトレドという国がその男にパスポートを発光したことを意味します。

男が言うには、トレドは千年以上の歴史を持つ欧州にある国だということです。

フラン人が日本語をしゃべるような訛りを含んだ話し方で喋り、他の国の言語も操っていたといいます。その風貌とスペックはまるで国際的に活躍をしているビジネスマンの様だったといいます。

 

 

実際、国際的な企業に勤めているようで、同年に日本に訪れたことがあると主張していました。その証拠にパスポートには日本のスタンプが2つ押してありました。彼が日本に入国できたか子があるというのはどうやら事実。

しかし、彼が務めている会社は世界的に存在せず、さらに彼が所持している国際免許証は謎の機関から発行されたもので、小切手はどこにも存在しない国際銀行のものでした。

 

6d70aaf472cf1eb760a352a6759ccd61_s

 

ある入国管理官が持ってきた世界地図でこの謎の紳士に出身国を指し示すように要求したところ、その紳士は自身の出身国が描かれていない世界地図を目の当たりにして動揺しつつイベリア半島のアンドラ公国を指さしました。

彼の証言が当てはまらないということを彼自身が証言したようなものです。

しかし、この男は何かのドッキリを仕掛けられているのだと思い込み、憤りをあらわにしました。そして、彼が予約をした東京のホテルの予約証を見せ、ここに連れていけと言います。

 

政府関係者は空港の狭い警備室で8時間も拘束されている彼に同情し、ホテルを用意し、そこにガードマンを張らせることで妥協しました。当然この紳士が予約したホテルは東京に存在しないホテルだったので、政府機関が新たに調達したホテルで休みました。

二人の入国管理官が彼に同行しホテルへと向かいました。

彼はそこで食事をすませ、ガードマンがずっと警備を行っていた一室で眠りに落ちました。

しかし、翌朝彼は荷物と共に忽然と姿を消してしまうのです。

 

唯一の入り口はガードマンが見張っていますし、窓が面している方向は大きな通りの数階上。窓の外には足を変えたような痕跡もなく、そもそも窓を開けたような痕跡さえも見当たりませんでした。

四方八方くまなく捜索が行われましたが、結局彼の姿は見つからず、現代に至るまで世界的に彼が発見されたという情報はありません。

 

 

アメリカ・ワシントン市に在住の弁護士であるうアンドリュー・バシャーゴさんはこの紳士こそ別の世界線・・・パラレルワールドに迷い込んでしまった人なのではないかという発言をしています。

アンドリューさんは、過去にプロジェクト・ペガサス(米政府の極秘タイムトラベル実験)に参加した経歴を持ち、そうした分野は個人的に興味抱き、調査を行っていたようです。

こ一連の騒動はは、1954年に発刊された英字新聞「週刊ジャパン・タイムズ」に小さく掲載されたそうです。欄は犯罪欄。

 

 

スポンサーリンク

 

 

 

検証

この紳士が主張している「トレド」と言う国は存在しないのですが、「トレド」という街はスペイン中央部に存在する街です。

また、1085年にカスティーリャ王国により征服されたトレド王国なんて言うのも存在します。

この紳士が世界地図で指示した「イベリア半島のアンドラ公国」。この国は988年に建国され約千年の歴史があります。この国とトレドの場所は、世界史が変わっていて、勢力が拡大されたとすると、おなじ国家になってもおかしくはない場所にあります。

 

こうした国の背景や、出身国が千年以上の歴史を持つと主張していること、また空港など周囲の景色に驚いている様子がないこと、ホテルの予約証というアナログなものを持っていることなどから、この謎の紳士が「未来から来た人間」でないことは明らかだと考えられます。

遠い未来に「トレド」と言う国が出来るなら今よりも千年以上先になってしまいます。さすがにAD3000年の未来人が現代に来たら、周囲の様子が違い過ぎて発狂するでしょう。

そのため上記のアンドリュー・バシャーゴ氏が主張しているように「別の時間軸」から来た男と言うのが妥当でしょう。そしてホテルの部屋で元の時間軸に戻ったということが言えるかと思います。

 

しかし、その際に荷物も消えていたというのがなんとも。汗

体から離していたであろう荷物も一緒に時間軸を超えられるものなのでしょうか。それとも「どこでもドア」的なゲートが開いて、そこに飛び込めば元の世界に戻れると理解できて、荷物を整理してそのゲートに飛び込んだのか?汗

そんな冷静な対処出来ますか?笑

 

time1http://cooshin.com/wp-content/uploads/2014/11/time1.jpg引用

 

あと、この事件そのものとは関係ないのですが、「フランス語訛りの流暢な日本語」も気になるところでしょう。笑

多分ですが、「中国訛りの日本語」=「語尾にあるを付ける」みたいな感じかなあ?笑 実際には「ある」なんて付ける中国人なんて居ないんですが、自国の言葉の発音に引っ張られている日本語ということでしょうね。

 

 

実際パラレルワールド的な同じ時間の流れをした軸が多数存在し、その軸ではそれぞれ国の発展の仕方などが少しずつ違っているという話は、いろんなタイムトラベルやフィクションで語られており、信じられている話です。

何か一定の条件がそろってしまい偶発的に違う世界線に行ってしまうというのはあるのかもしれません。それを信じさせてくれるような夢のある出来事ですね。

 

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ