ペニスと鼻の大きさ!長年の都市伝説解明!テストステロンが関係!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

ペニス

 

ペニスの大きさ=男性の威厳の大きさ

なんていうくだらない図式がこの世には存在します。

大きくてそんなことはないと考えられていますが、その大きさに関する都市伝説を紹介します。

 

 

 

 

 

男の見栄の塊であるペニス。

友達と一緒に戦闘とかいった際に、友達の方がペニスが大きいと表情には出しませんが、落胆してしまったり、うらやんだり、権力の覇権を示すことができなくなったり、自分の国をけんこうしようと目論んでいたのに全ての計画を断念しかねなくなったり、絶望を感じて翌日学校を休んだり・・・。

 

とにかく、Orz。

 

とにかく、Orz。

 

これがまさにぴったりの感情なわけです。笑

男って本当にバカなんですよね。笑

ここまで落胆しねーよ、っていう人もたくさんいるかと思いますが、どこかプライドが傷つけられたような瞬間ってありますよね。笑

そんなペニスの大きさとかかわりの深い体の場所として長年語られてきたのが鼻。

果たしてこの都市伝説は本当なのだろうか・・・。この情報社会にふと思い出した私は調べてみることにしました。

 

 

鼻がデカイやつはペニスもデカイ

1fcc6ade53e3ab85b95d5ff95acc0ae0_s

 

まず、最初に申し上げておきたいのは動物行動学に詳しいエッセイストの竹内久美子氏の発言。「鼻の大きさとペニスの大きさの関係」を聞かれて・・・
ペニス
これは研究結果などの証拠は提示されていないのですが、動物の行動学を研究してきた人物が、長年語られて来た説だし、だいたい合ってるんじゃないか・・・と申しているのです。

確かに、昔から伝わる言い伝えなどは科学的根拠などはなくとも正しいことって結構多かったりしますよね。

現代になって科学技術が発達し、その根拠を探ってみたらどうやら正しいらしいということは多く発見されています。

今回の「鼻の大きさとペニスの大きさの関係性」もその類なのか・・・。

しかし、実際に的に下半身に存在しているペニスと顔の中心のパーツである鼻にどのような因果関係があるのは、全く想像だにしません。逆につながりが合ったら不思議なくらいです。

 

そしたら最近になって、ついに科学的に説明されたらしいことが判明しました!!!

 

 

 

テストステロン

まず、重要なのはペニスの大きさに関係する裏事情。

テストステロンはアンドロゲンに属するステロイドホルモンで、男性ホルモンの一種で、睾丸(精巣)で作られており、男性ホルモンの95%を占めていると言われています。

筋肉の増大や、骨格の幅や厚みの発達、陰毛の発毛などに大きな影響を与えているホルモンと言われています。

このテストステロンが発育に大きく関係してくる時期と言うのは大きく分けて3つあります。

 

一つ目

これは人類が初めてテストステロンと出会う瞬間です。人間はお母さんのおなかの中にいる初期の段階では皆女性の体だというのは非常に有名な話です。そのため、男性ももとは女性の体であるのです。

しかし、卵子と結びついた精子の持っている遺伝情報によって男の子か女の子かはすでに決定しています。その遺伝情報が男の子の場合、テストステロンの働きで男性内生殖器が発達し男の子の体を形成すると言われています。

 

二つ目

二つ目の時期は生後2週間から6ヶ月にかけての間。この期間にテストステロンのレベルが高まる時期があり、男の子らしい脳の発達に影響があると言われています。

 

三つめ

三つめの時期が、想像している人も多くいるかと思いますが、思春期です。この時期にテストステロンが大量に分泌され骨格や筋肉に始まり、ひげや体毛など、まさに男らしい風格に変わっていくのです。

一般的に思春期と言うと、親に反発するような時期かと思いますが、ここでは体の発育時期が第二次性徴期に入る時期を指します。第二次性徴期がおとずれるのは、平均して男の子が11歳半、女の子が10歳と言われており、ちょうど思春期と一致しますね。

この時期にテストステロンの働きによって男性らしい体格ができるということが理解していただけたと思います。

 

 

男性らしい体格・・・。

 

 

がっしりした骨格・・・。

 

 

大きなペニス・・・。

 

 

そう、このテストステロンの働きによってペニスは大きくなると言われています。より男らしい体つきならば、より大きなペニスと言った具合に。

 

 

そして重要なのがこのテストステロンの働きによって、どうやら鼻の大きさも大きくなるらしい・・・という説を唱える専門家もいるようなのです。

 

つまりテストステロンの分泌量が多ければ多いほど、ペニスが大きくなるし、鼻が大きくなるということが結びつくのです。

 

 

これが現段階の科学が証明してくれる事実!昔の人は偉大過ぎる。笑
意外にも関係してくる可能性を示唆する結果が出ているのです。

 

 

鼻の下の都市伝説

371aadafa5477a8652f686fb993aee87_s

 

おまけで紹介しますが、よく下ネタ系のことを考えている人に対して

「鼻の下伸びてるよ!」

と言うことってありますよね。

 

有名な高須クリニックの院長によると、この「鼻の下の長さ」と「ペニスの長さ」は比例しているデータがあるようです。

 

 

薬剤師、中医食治研究会の田村稲生会長によると・・・

鼻の下

と語っています。

 

つまり、鼻の下の溝がくっきりしていると性器の調子がいいのです。

意外とつながるペニスと「鼻の下」。

 

 

ことわざや言い伝え、昔からの言い回しなどにはやはり意味があるのかもしれません。

昔の人、偉大・・・。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ