「千と千尋の神隠し」には本当のラストシーンが存在する都市伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

h

「千と千尋の神隠し」のラストシーンを覚えてますか?

たくさんの豚がいる中で、ここに両親はいないと断言した千尋が本当の名前を取り戻し、ハク様に見送られながら元の世界に戻り、ほこりまみれの車に乗り込んで新生活へと出発するというものです。

しかし、本当は違うラストシーンがあったとしたら・・・?

 

 

 

 

誰もが思い浮かべるラストシーンですが、そのシーンには若干の続きがあるという都市伝説があるんです。

しかもその続きのシーンは映像化、アフレコもされており、公開当時には映画館でも一部で実際に流されていたそうです。

現在において、その「本当のラストシーン」がまるでなかったシーンのように取り扱われているというのは、謎なのだそうです・・・めちゃくちゃ都市伝説っぽくないですか?笑

「本当のラストシーン」はまとめると以下のようになるようです。

 

・千尋の髪留めは、冒頭トラストでは変わっています。ラストでは銭婆からもらったものを着用しているのですね。しかし、それを千尋は覚えておらず不思議がる。

・車は出発し、きちんと新居にたどり着くのですが、辿り着く道中で引っ越し屋さんがすでに到着しているのが見えて、母親が怒りだす。

・そして、新居に到着した際には引っ越し屋さんからも遅れるのは困ると怒られる。

・千尋は新居の周囲を観察していると、橋のかかった小川があることを発見。

・それを見つめている千尋は突然ハッとした表情になり、全てを思い出したかのような意味深な感じで終わる。

 

以上が千と千尋の神隠しの本来のラストシーンと言われているものです。

 

 

スポンサーリンク

 

 

これが本当となると面白いものですね。

異世界のシーンを「覚えていない」というはっきりとした描写はないようですが、どうやら元の世界に戻るにあたって忘れてしまっているようですね。

最後に登場する「小川」はおそらくハクの新しい住処であり、そのおかげで千尋は全てを思い出すのでしょう。

ハク様は、実は八つ裂きにされてしまったという説も存在しますが、このラストが本当ならば無事に元の世界に戻れて、しかも千尋が住む場所のすぐ近くで見守ることが出来るという最高のシチュエーションになりますね。笑

 

 

そして、このラストがもしも本当にあったとしたら、個人的な最大の問題は、異世界から戻ってきた荻野家族は何日後に元の世界に戻ってきたのか・・・ということ。

これは作品を見た方によって違う意見を持っているようです。

私個人としては、車に木の葉がたくさん乗っかていてホコリがたくさんかかっているという描写があったので、荻野家族自体は時間の経過は感じていませんが、現実世界ではけっこうな日にちが経過しているように思いました。

ラスト

それじゃないと、ホコリや木の葉の描写は必要ないと思うからです。

しかし、異世界では何日も経過していたのに、現実世界に戻ってみたらその異世界に入った日と同じだったと感じた方もいたようですね。

ホコリに関してはそんなにすぐ溜まるものではないと思いますが、山道を走行している間に積載したもの・・・ということなのかな??

現実世界で何日も経過してしまっているということならば、上記のようなエンディングはきっぱり否定できるものですが、その日中に現実に戻ったということならば、否定はできません。汗

 

実は違うラストシーンが違うというのは、他のジブリ作品の中では「天空の城ラピュタ」にも同様の都市伝説が存在します。まあ、ラピュタに関してはきっぱりと否定できるものがあり、あくまでも都市伝説というものですが。

 

そのため、今回の「千と千尋の神隠し」に関してもかなり怪しいところがありますが、みなさんはどう思いますでしょうか??

私個人としては、上記のように現実世界では何日も経過している説だと思いますので、この都市伝説も十分否定できるものかと思います。

宮崎監督の絵コンペでは最後のラストシーンは本来のものと変化はありません。それだけは言っておきましょう。

絵コンテ

 

誰が、どこで見たラストシーンなのか・・・。

それは本当に「千と千尋の神隠し」だったのか・・・。

似たような作品と勘違いしているのではないか・・・。

どっかの誰かの妄想ではないのか・・・。

 

しかし、ジブリ作品は本当に都市伝説にことかきませんね。笑

そのような「余白」が多く残され視聴者が考える部分が多くあるというのがジブリの魅力なのでしょうね!

 

コメントを残す

サブコンテンツ