一日三食文化の発祥?エジソン説・ロウソク説・カロリー説の都市伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

itinitisannsyoku

 

今では日常と化している三食文化ですが、そもそもそこに疑問を持ったことはあるでしょうか?

実は三食たべると体には負荷がかかるという話も。

じゃあ、一体三食文化は誰が唱え始めたの?そんな根本なお話です。

 

 

 

 

 

企業が自身の会社の売り上げを伸ばすために我々の生活習慣にテコ入れするようになるという戦略はいろんな場面で見られます。

例を挙げるとバレンタインデー。それに対するホワイトデーなんかはまさにお菓子メーカーの日とも言えるような日に設定されていますよね。

ただ単に、こうした日を設定すれば大ヒットするというわけではなく消費者の気持ちをわくわくさせたりするようなものや、健康志向を刺激するもの、恋愛の行事に絡めるなどの工夫がなければ市民の生活に定着はしないでしょう。

 

 

そこで「やりすぎ都市伝説」にてハローバイバイの関さんが提唱しているのが、「一日三食文化」を定着させたのが発明王のトーマス・エジソンだという話。

1900年代初頭なんかは今ほど食料も充実しておらず、裕福ではないため一日二食の生活を送っていました。

 

そこに登場してくるのがトーマス・エジソン。

 

エジソンはマスコミを前に「どうしたらあなたのように頭がよくなるのですか?」という質問に対してこう答えます。

「一日三食欠かさず食べることだ。」

ここにエジソンの策略があったと言われています。

 

当時エジソンはトースターを発明していたのです。

 

6fb5d54626d50a48036c2f93c8a05501_s

 

しかし、他の電化製品である電球やラジオに比べて非常に電力を食う製品でした。エジソンは発明王としてその名が知られていますが、実は電力会社も経営していました。

そのためトースターが売れれば、製品の販売利益と同時に自身の電力会社も儲かるという構図が生まれるのです。

 

 

スポンサーリンク

 

これはあくまでも一説です。

しかし、世界的に見ても古来は食事は二食だったと言われています。日本も当然そうで、江戸時代までは朝と夕の一日二食の文化だったと言われています。

平安時代中期の随筆「枕草子」などには、清少納言が大工が昼食をとっていることに疑問を抱いている描写があるのです。おそらくですが、肉体労働者と貴族ではお腹の減りも当然違ってきますので、大工は三食食べていたと考えられます。

こうした食の文化が一日三食文化に変わってきたと言う説には、以下のようなものが考えられています。

  • 起きている時間が延びたから
  • カロリー摂取量の研究結果を受けて

 

 

江戸時代以降はロウソクの普及によって、夜の生活が長くなったと言われています。そのため、活動する時間が延長して当然お腹が減り、一日三食文化が定着するようになったという説。

 

84d89a5f0e9be0bb71b20dd86f9913f6_s

 

また、科学の進歩に伴い日本人の成人男性は平均して一日2500~2700kcalのエネルギーが必要」という算出を出しのです。そのため一日二食ではその摂取量に追いつかず、三食文化に変化していったという説。

 

しかし、エネルギー摂取量は労働の変化と共に今では2000~2200kcalと減少していき、さらに今では健康上一日三色は体への負担が大きいとも言われています。

体に食べ物を入れて消化をするという作業は、非常に体への負担が大きくなると言われています。また、老廃物も多く出ます。そのため、一日三食文化は見直されてきている面もあります。

こうして考えると時代の変化と共に食の文化は変化してきて当然と言う感じがしますね。よく学生時代なんかは朝飯を食べて行かないと親に叱られるなんてことがありましたが、こう考えると何か滑稽なさまに見えてきます。笑

 

 

一体いつから三食文化になったのか。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ