旧五千円札に隠された謎!なぜ新渡戸稲造裏?紙幣の都市伝説


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

shihei

紙幣に関する都市伝説と言うのは世界的に噂されていますが、日本も例外なく数々の都市伝説が存在しています。

今回紹介するのは、その中でも旧五千円札に関する都市伝説です。

皆さんは旧五千円札の肖像画が誰だったか覚えていますか?

 

 

 

 

旧5千円札に込められた都市伝説

日本紙幣の旧5千円札と言えば・・・描かれていたのは新渡戸稲造さんでした。

平成生まれの方はご存知ない人も多いでしょう。この人です。

 

紙幣1

 

しかし、この人・・・いったい誰?と感じるのが普通だと思います。

新紙幣などに描かれた人物はある程度名前などを聞いたことがある人物なのに、この新渡戸さんだけは広く知れ渡っている人ではないのです。

さらに、生前はアメリカで過ごすことが多く、アメリカ思想が強くユダヤ系の女性と結婚しています。それなのになぜ日本の紙幣になったのだという謎も様々語られています。

 

他にも不思議である点を「やりすぎ都市伝説」にて関さんは語りました。

まずはこの紙幣に描かれている「地球儀」。

地球儀

 

日本の紙幣なのになぜ日本が中心に描かれていないのかと言う点。たしかに、日本の紙幣なんですから日本の場所がメインとなって描かれるのが普通のような気がします。

 

 

さらに裏面。

裏面にはヤハウェイの目というフリーメーソンを象徴するような図が描かれています。

目

フリーメーソンは古来からある秘密結社と言われており、世界を裏で牛耳っているのではないかと噂される団体です。

 

裏にはさらに富士山が描かれています。富士山は湖に反射をしている情景が描かれています。

富士

しかし、この反射をしている富士山と、普通に描かれている富士山は比較をすると全く別の山になってしまうのです。

この山はモウゼが十戒を授かった場所であるシナイ山と言われています。そのような聖書に登場するような山がなぜ日本の紙幣に描かれているのか。

こうしたことはつまり日本の紙幣にもユダヤの手が伸びているということを示しているのではないでしょうか。貨幣制度を作り上げたのはユダヤ人。この社会には何か裏で働いている力が存在することを予感させる都市伝説です。

 

スポンサーリンク

 

否定できる部分

まずは新渡戸さんがアメリカナイズされた思想であるということですが、新渡戸さんは生前ベストセラーとなった「武士道」を執筆しています。

この本が執筆されたのは、1889年頃にベルギーの法学者・ラヴレー氏から日本における宗教教育について質問を受けたことに由来するそうです。

そう、ないんですよね、日本の宗教教育は。

それなのになぜ日本はこんな規律正しい国なのか。そうした質問に答えることができなかったのですが、「武士道」が日本人の根幹になることに気づき、それを本にまとめようとしたのです。

つまり、日本人にの気質、日本人らしさを十分兼ね備えた人物であるということがわかるでしょう。

東京女子大学初代学長や東京女子経済専門学校(東京文化短期大学・現:新渡戸文化短期大学)初代校長を務める経歴を持っているなど、尽力された人物なのですね。

そのため、紙幣になるほどの実績はある方なのです。

 

 

そして、紙幣裏側に描かれた逆さ富士。これは山岳写真家の岡田紅陽撮影の「湖畔の春」という作品をもとに描かれた作品で、この画像を見ても非常に忠実に紙幣に描かれていることがわかるでしょう。

 

「湖畔の春」
d0218056_0145021http://pds.exblog.jp/pds/1/201201/06/56/d0218056_0145021.jpg引用

 

 

逆さ富士と本来の富士が違って見えるのは、湖に販社をしているためのものであると理解できますし、都市伝説で語られているモウゼの十戒のシナイ山はこれです。

img_31

んー信憑性に欠けると言わざるを得ないでしょう。

紙幣にまつわる裏の働きがあるというのは、個人的には非常に納得できます。この貨幣制度、資本主義社会は非常にある特定の人たちが操作しやすい社会であるし、こうした制度を作り出したからには何かしら裏で操作はされていると思います。

 

しかし、今回の5千円札に関する都市伝説は、まさに都市伝説。

反論できないような話もありましたが、あとは皆さんの捉え方次第でしょう。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ