本当は怖いトトロ都市伝説!トトロは狭山事件がモチーフ?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

CB30EE50-DA08-11DB-B8C2-B1FE0BF04C54

ジブリの作品の中でも、意外と興行収入は少ないのですが、それでもなお圧倒的な存在感を放つ「となりのトトロ」。

もはやこの作品抜きにはジブリは語れないといっても過言ではないでしょう。

しかし、そんな「トトロ」について語られるちょっと怖い都市伝説を紹介します。

 

 

今回は少し重たい話題。

トトロが「狭山事件」をモチーフにしているのではないか・・・??という都市伝説について検証していきます。

この事件は部落差別などにもかかわるデリケートな問題も絡んでいますので、もし、気分を害される方がいらっしゃいましたらここで読むのをやめて頂いた方が良いかもしれません。

まずは狭山事件の概要についてですが、それはこちらのページをご覧頂いたほうが良いかもしれません。

↓ ↓ ↓

http://www.maroon.dti.ne.jp/knight999/sayama.htm

 

ちなみにウィキはこちら

↓ ↓ ↓

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%8B%AD%E5%B1%B1%E4%BA%8B%E4%BB%B6
 

ちょっと気持ちが重たくなってしまいますがここで、なぜ、このような事件が『トトロ』と関係あるのではないか?という都市伝説が生まれるに至ったのか・・・いくつか要因がありますので以下にまとめます。

  1. 狭山事件が発生したのが5月。トトロに出てくる姉妹の名前は言わずと知れた「メイ(May)」と「さつき(皐月)」でどちらも5月を暗示したもの
  2. 狭山事件の狭山市と、トトロの舞台として設定されている所沢市が隣接している
  3. 狭山事件発生時、被害者のお姉さんが妹を必死に探していたが、混乱したためかなのか「トトロ」を連想させる言葉を発していた
  4. 被害者は16歳。さつき(12歳)とメイ(4歳)の年齢を足すと16歳
  5. 狭山事件の被害者の母親は病死しており家にはおらず、トトロの姉妹の母親もまた家から遠く離れた場所で長期入院しており家にはいない
  6. 狭山丘陵には末期患者や精神病患者が入院する病棟を持つ「八国山病院」があり、トトロの母親の入院先は「七国山病院」

以上が、要因とされている関連性のあるものになります。

 

内容によっては、微妙だったり・・・結構納得いったり・・・と、様々ですが、一つ一つ検証していきたいと思います。

 

 

1、狭山事件が発生した5月と名前のリンク

確かに「5月」のリンクはどこか意味深のような印象を受けますが、「となりのトトロ」ではちょうど田植えの時期の一時期を描いたものであるため、主人公のさつきとメイは5月にちなんだ名前であるという説があります。

そのため、信憑性は高くはないと思います、が、なぜ・・・ってくらいのリンク性でもあります。笑

 

 

2、狭山市と所沢市が隣接

これに関しては、深い意味はなさそうですね。

宮崎駿監督の家が所沢にあるようで、その近辺の実際の地名や、実際にあるものを連想したような地名が登場するようです。

 

 

3、混乱のせいか発した「トトロ」

これは、狭山事件の被害者の姉ではなく、違う事件の被害者の姉の話であるという説が濃厚です。

実際、狭山事件に関して調べましたが、トトロという言葉を発していたという記録はありませんし、トトロのような大きな狸や猫の幽霊的ものを見たという証言はなく、そもそも姉が混乱するほど探し回ったという記述もありません。

似たような事件や、全く別の事件と狭山事件がごっちゃになってしまったがために、このような話が出てきたのでしょう。

都市伝説では良くある話ですね。

 

 

スポンサーリンク

 

4、被害者は16歳、さつき(12歳)とメイ(4歳)の年齢を足すと16歳

4に関しては全くの偶然のようです。

「となりのトトロ」の制作裏話として良く知られているものですが、実は製作当初は60分の短編映画だったのです。

同時上映として製作されていたのが、高畑監督が製作した「火垂るの墓」。

しかし、「火垂るの墓」が制作過程でどんどん尺が長くなってしまい、それに対抗した宮崎監督が長編映画として練り直した結果、我々が知っている「となりのトトロ」が誕生したのです。

尺を長くするために考案されたのが、姉妹の設定。笑

実は、映画公開時のポスターでは、トトロの隣に女の子が一人立っているんです。つまり製作当初は姉妹設定ではなかったということなのです。

 

 

5、母親が家にいないという一致

これに関しては、深い意味はないと考えることもできるし、モチーフにしたからだとも解釈できます。

判断できる要素がありませんので何とも断定できませんが、本当にモチーフにしているのなら、きっとトトロでの母親も病死している設定になっているのでは・・・?という感じもします。

 

 

6、「八国山病院」と「七国山病院」

これは上記の2番の検証でも行いましたが、宮崎駿監督の家が所沢にあり、近隣の実際の地名を使用しているため、と解釈できます。

 

 

以上のことから狭山事件との関連は、、、んー、、、難しいように思えます。

しかし面白いことに、ジブリが公式サイトで「狭山事件とは無関係」と発表したことがあるのですが、その日が事件が起こった日と同じ5月1日で偶然にも一致していると言われているのです。

意図的な関わりはないのかもしれませんが、何か意図しないスピリチュアルなところで深く関わっているのかもしれませんね。
それか、宮崎監督が自分の家の近くで起きた事件を現代風に、そして、幸せなファンタジーとして蘇らせたという解釈も出来るかもしれません。

 

 

でも、まあ、今回の検証に関しては限りなくモチーフにされていないとまとめさせていただきたいと思います。

 

コメントを残す

サブコンテンツ