サザエさん最終回の都市伝説を徹底検証!なぜこの話が出回ったのか?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

最終回

 

国民的アニメとして長年放送され続け、たくさんの人に愛されてきた「サザエさん」が最終回?

実は最終回として放送される内容は既に決まっているという噂があるのです。

自分なりの意見も含まれますが、最終回として出回っている話の内容も含め、紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

 

まず、サザエさんの最終回として出回っている都市伝説3つを紹介します。

 

 

最終回説1

サザエさんたちが海産物や船、波など名前の由来となっているものにそれぞれ返っていくというもの。

どういった経緯でそうなるかは不明。

これが○○袋に投稿された中のもので、どうやら掲示板か何かに投稿されたものをコピペしてきたものをもってきたと推察できます。その話の中で、この掲示板投稿者はサザエさんなどが海産物に変わる話を見たというエピソードを語り、友人などに話をしても信じてもらえなかったと証言しています。

 

 

最終回説2

カツオがハワイへの旅行券を福引で当てて、飛行機に家族で乗っている最中にその飛行機が事故にあい墜落。サザエさんたちは海に還る・・・というもの。

この海に還るというのが、「最終回説1」同様に海産物に変化するというものと、海の中に姿を消していくという2通りの解釈がある模様。

 

 

最終回説3

3つ目の説は、全員にそれぞれの不幸が訪れるというもの。

  • カツオ⇒非行
  • ワカメ⇒売春
  • フネ⇒不倫
  • 波平⇒心筋梗塞で死亡
  • タラちゃん⇒事故死
  • マスオさん⇒自殺
  • サザエさん⇒酒に溺れる

 

 

これらは全くソースなどが不明なまま都市伝説を紹介するサイトにてどんどん拡散していっています。

都市伝説を紹介するサイトは、結構うっすーい情報を扱っているものが多く、さらっと表面だけをなぞって紹介されているものが多くあるように感じます。

まあ、ソースがないというのも都市伝説らしくていいのですが、この件に関しては何かわけのわからない話が3つも拡散しており、個人的に気持ち悪い印象があります。笑

そこで、この話を少し検証したいと思います。

 

 

検証

実際に見たという証言があるというのが、全くの謎なところです。そこで考えられるのが

  1. 実際に見た話は似ている他の作品のものとサザエさんを勘違いした
  2. 夢などの中で見た
  3. 最終回の都市伝説を回すためにウソをついている

ということですね。

 

1.実際に見た話は似ている他の作品のものとサザエさんを勘違いした

これは伊集院さんが解明したウルトラマンの最終回の都市伝説の話と同様ですね。詳しくはこちらの記事を参考にしてほしいのですが、

ウルトラマンと非常によく似た作品の最終回をウルトラマンと勘違いし、しかもそのよく似た作品が一部地域にて最終回の前編のみ放送され、その内容が敵に洗脳されたヒーローが街をぶっ壊していくというものだったのですね。後編ではきちんと心を取り戻したヒーローが敵を倒すのですが、放送スケジュール的にカットされてしまったのです。

そのため、子供の頃にその地域でその放送回をみた人は、「ウルトラマンの最終回は街をぶっ壊す」と勘違いし、それが都市伝説として出回ったのです。

この場合は都市伝説というか、ほとんど実話なのです。奇妙な巡りあわせの元出来上がった都市伝説。

サザエさんに関しても「見た」と言う証言が出ている以上、同様のことが起こった可能性が考えられます。

 

 

2.夢などの中で見た
3.最終回の都市伝説を回すためにウソをついている

これらは意図的か意図的ではないかが違うだけで、どちらも空想の話です。

夢などで見たという場合は、その発端となった人物がネット上で語った話が出回り、それがネットで定着したころにその発端となった人物がその話を見かけ、「同じものを見た人がいる」と勘違いし、より強固な確信に変わりさらに拡散したと考えられます。

意図的に嘘をついて話を回したのなら悪質ですね。「噂」というものがこの情報社会でどのように拡散していくかと言うことを見てみたかったのかもしれません。

 

 

スポンサーリンク

 

消されたマンガ

ひとつ面白い話としては、サザエさんの話の中で連載で扱ったものに対して、文庫化する際に封印された話と言うのがあるという話があります。

こうした封印した話と言うのは、意外と昔の漫画にはあったようで、ドラえもんにも存在したと言われています。

そうした話を扱っている「消されたマンガ」著者赤田祐一氏は、封印される話についてインタビューで以下のように語っています。

サザエ

 

 

 

サザエさんの場合は最終巻となっている68巻に収録された「ひょうりゅう記」が、朝日文庫版では未収録となっているそうです。

その話の内容は、サザエさん一家が乗った船が波にあおられひっくり返ってしまいます。

そこでなんとか漂流してたどり着いた島にて、何とか生き延びることが出来ると思いましたが、そこには原住民が住んでおり、なんとその民族は人食いの民族でした。

こうなってくると一気に危険な話になってしまいますが、食べられてしまいそうになりながらなんとか脱出を図るというものです。

結果的にはサザエさんの機転で命は助かるそうですが、どこかサザエさんの最終回の都市伝説と似ている部分もあります。

 

この話がアニメ化されたのかまでは調査ができていませんが、削除した話ですからおそらくアニメ化はされていないのでしょう。

もしかしたらこの話を見て、話がねじ曲がりながら伝えられてしまったのか・・・。

 

 

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ