千円札の都市伝説!野口英世の顔が左右非対称な理由とは?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

紙幣

世界だけではなく日本の紙幣にも都市伝説は存在します。

今回はその中でも千円札に関する都市伝説を紹介します。

 

 

 

 

 

 

 

新しい千円札の紙幣に描かれているのは日本でも活躍していましたが、海外でも病原菌などを研究していたことで有名な野口英世さん。

実はフリーメーソンと非常にかかわりの深いロックフェラー財団でも働いていた経歴があると関さんは「やりすぎ都市伝説」にて語っていました。

ロックフェラーは、アメリカ合衆国の企業家であり、石油事業で富を築き始めその一族が抱える資産は莫大であると言われています。そのため、国をも動かすほどと言われており、「裏で牛耳っている」というキーワードには必ずと言っていいほど関わってきます。

 

その新千円札に関する不可解な点を関さんは上げています。

見本

 

 

まずは、旧5千円札で描かれていた富士山が存在します。

b3f6e352a3bf6094d22f42d590c60748

湖に移った逆さ富士も描かれているのですが、それが紙幣内で描かれている富士と大きく異なっているため、逆さ富士の方はモウゼが十戒を授かったシナイ山という山がモチーフになっているという話です。

これはこちらの記事に詳細を記述していますが、おそらくデマ情報と言う可能性の方が高いでしょう。

 

 

続いては野口英世さんの顔について。

この顔を盾に対して半分に折って見比べて見ると左右で全く違った顔になるのです。左側は日本人らしい顔になっているのですが、右側は非常に影が多く、ホリが深い印象を与えます。

noguti

 

この右側の顔がユダヤ系の顔を象徴していると言われています。

 

スポンサーリンク

 

さらに続きます。

千円札の裏面をを蛍光灯などに透かして見てみてください。すると富士の山頂に野口英世さんの左目が来ませんか?

SnapCrab_NoName_2014-12-1_17-27-0_No-00http://toshidensetsuu.com/wp-content/uploads/2014/12/SnapCrab_NoName_2014-12-1_17-27-0_No-00.jpg引用

 

野口さんの左側の顔は・・・そう、ユダヤ系の顔と言われています。つまりそのユダヤの目が、富士の山頂に合わさるようになっているんです。

これはつまりフリーメーソンのシンボルと重なるわけです。1ドル札にはこの三角に目のフリーメーソンのマークがモロ記載されています。

こうしたことから、貨幣制度はフリーメーソンのような秘密結社によって裏で操られている・・・という可能性があるということですね。そうした権力を示すかのように紙幣にはこうした謎、隠されたメッセージが存在しているのです。

逆さ富士に関しては上記に記載したリンクの記事にて十分否定できる要素があるのですが、透かして見たら三角に目。これは揺るがない事実であり、アメリカ紙幣にもあるため、何か関係があるのかもしれません。

面白い・・・。笑

 

 

しかし、野口英世さんのお札に描かれた肖像画が左右非対称であるのはこちらの写真が元であるかと思います。

Noguchi_Hideyohttps://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/3/3e/Noguchi_Hideyo.jpg引用

 

この画像ですでにお札のような顔になっているため、特に何かのメッセージが込められたものではないと判断できるかもしれません。

しかし、これにもまた面白い説が浮上してきて、顔が非対称ではない人と言うのは何かを隠していたりする場合が多いのです。これはやりすぎ都市伝説にて語られていない話なのですが・・・。

というのも顔の右半分は左脳がつかさどっており、よそ行きの顔が出ると言われています。そして顔の左半分は右脳がつかさどっており本音が出やすいと言われています。

野口さんの顔を見ると左側が非常に印象的な深刻な顔つきをしていますよね。この表情にもしも野口さんの本音の部分が現れているとしたら・・・。非常に興味深いですね。

 

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ