3.11東日本大震災時にディズニーランドで起こった感動の神対応!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 

ディズニーランド1

 

2011年3月11日。

東日本・・・特に関東と東北の地方において例外なく大きな自然災害に遭いました。

そこには日本を代表するテーマパークであるディズニーランドも存在していました。

地獄のような日に、ディズニーランドが取った対応とは・・・?

 

 

 

 

3月11日、午後2時46分。

日本の観測史上最大のマグニチュード9.0を記録した非常に大きな地震が関東・東北一帯を襲いました。

当然、その地域に存在していたディズニーランドもその影響を受け、震度5を記録したとされています。通常のように営業を行っていたディズニーランドは、その当日に7万人の来園者がいました。

しかも、地震がちょうど起きた時間には園内はパレードの真っ最中であり、楽しい気分の真っただ中であり、人が密集した状態。

そこに急におそう激しい揺れ。

楽しい気分から一転、不安と恐怖にかられ、子供たちは泣き叫び、園内はパニック状態になりました。

 

 

地震発生から40秒程度が経過したころ、場内には建物の側からは離れ、広い場所に行くようにと言うアナウンスが響きました。

 

 

場内の誘導に従って来客者は広い場所へと移動をし始めましたが、そのお客さんに向かってパレード車の上にいるキャラクターたちは手を振り続けていたそうです。

自分たちもパレード車の上から動けない状態であり、正直着ぐるみを着ている状態で不安だろうに・・・です。

多分、今すぐ重たい着ぐるみを脱ぎ捨て安全な場所に逃げたいという思いが湧き上がってくるのが、素直なところかと思います。

しかし、ディズニーランドのキャラクターたちは、このような自然災害時でも来客者に夢を振りまき続けたのです。

 

そして頑張っていたのは、キャラクターだけではありません。
キャストと言われるスタッフの皆さんもお客さんのことを第一に考えた行動をとっていました。

ディズニーランドでは、独自に制作してある地震対策があるようで、その中にはショップなどで販売している商品でも、安全のため、人の命のためならば何でも使用していいとされているそうです。

そのため、あるスタッフは、ディズニーのキャラクターが帽子のような被り物のになっている商品を防災ずきんのように使用することで頭を守ってもらうように呼びかけたり、

あるスタッフは、不安に駆られている来客者を元気付けてあげられるように、店頭販売のクッキーやチョコレートを無料で配布しながら、優しい声をかけるなどお客さんを第一優先した行動をとっていました。

 

中には、人を笑わせるパフォーマンスが得意なスタッフがいて、お客さんが元気を取り戻せるように一生懸命パフォーマンスを行っていたスタッフもいたそうです。

このような行動は、指揮系統が乱れる災害時のため、現場において個人個人がとっさにとった行動です。
スタッフ一人ひとりに至るまでの意識の高さが伺えます。そのような意識の高さによって、夢の国は夢の国たりえるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

 

そして、ディズニーランドで一晩を過ごすことになったお客さんは2万人となりました。

雨も降ったりする状況の中、建物へ避難したいところなのですが、建物へ避難するには、建物の安全確認が必要でした。
そこで、先に、点検が済んだディズニーシーへ移動してもらうことになりました。

希望者を募って、ディズニーシーに移動することになりました。
しかし、一般道を取っていくのではなく関係者の裏口を移動して向かうことになりました。

通常時にランドとシーを行き来したことがある人ならばわかると思いますが、ディズニーリゾートラインという乗り物に乗車をします。

しかし、こうした緊急事態の際には電気の供給が止まっており使用はできません。そこで、一旦ディズニーの敷地を出て回り道をする方法をとると、今度はものすごく遠回りするというデメリットがあり、さらに一般道はコンクリートが液化しており、非常に危険な状態でした。

 

そこで提案されたのが関係者の裏口。

 

そこは配線や基盤がむき出しになった空間。

ディズニーの裏側と言うのは絶対に観客に見せてはいけない場所。これによって、開園以来28年間守り通されて来た夢の国が夢の国である掟を、一つ壊してしまうことになりました。

来客者の安全を第一に考えた時に、これが最善の策であり、もはや迷っているような状態ではないのです。

 

しかし、スタッフが開ける扉の先には、素敵な光景が広がっていました。その通路にはずらーっと何百人ものスタッフがペンライト片手に両サイドに並び、光の道を作っていました。

本来、無機質空間であるはずの空間は、スタッフたちの手によって夢の国ままだったのです。

そして、ディズニーシーに到着したらミッキーがお出迎えをしてくれ、震災の最中でも震災であることを忘れさせてくれるような演出の連続・・・。

なんとも、素敵な話。
信じるか、信じないかは、あなた次第。

緊急時にも夢の国たりえるような状況を作り出すための、完璧な準備。さすがです。

 

コメントを残す

サブコンテンツ