やりすぎ都市伝説!島田秀平が語る「運命数」!生年月日から分かる占いがフィギュア五輪で力を発揮!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

ae1537846eea98862f808702ac9639f8

「やりすぎ都市伝説」の中でも話題を読んでいる島田秀平さんが紹介する「運命数」について。

生年月日からわかる数字をもとに、自分がどんな運勢を持つのかがわかるようになっています。

皆さんも是非計算してみてください!

 

 

 

 

島田秀平さんが紹介する「運命数」というのは人それぞれが持っているもの。

今回紹介するのは、その数字によって人生や、性格などもわかってしまうというものです。

こうした占いまがいのものは、大体誰でも当てはまりそうなものを言っているだけで、特に絶対的な方向性などは示してくれない可能性があるかもしれませんが、どこかで何かしらの力をくれる場合もあります。

そのため、都市伝説というよりも占いのジャンルに含まれると思いますが、都市伝説はこの占いとは別に最後のオチとしてありますのでご覧下さい。

そこまで気張らずに、参考程度にご覧いただければと思います。

 

 

さて、ではどのように生年月日を利用して自分の運命数を確認するのかと言うと、計算方法は自分の生年月日の数を一つずつ足していき、続いてその合計数の十の位と一の位を足してやればよいです。

 

例:生年月日1989年6月24日生まれの場合

 

1+9+8+9+6+2+4=39

⇒3+9=12

⇒1+2=3

 
このように一ケタの数字になるまで続けます。

そして、その数字が持つ特性というのは以下のようにまとめられます。

【誰もが持つ運命の数字】

  1. 才能と運に恵まれていますが、ハートが弱い為に小心者。リスクがあるけど大きなチャンスには弱い
  2. 頭が良くて非常に回転も速く、直感を信じても上手くいきますが、短気であるため他人の意見を聞かない
  3. 後輩などの面倒見がよくて、さらに芸術センスも抜群なのですが、ストレスをためてしまう傾向がある
  4. 一生懸命に働き、リーダーとしてその場を指揮することが出来るのですが、冷静であり人間味が薄い人
  5. 自分のペースを持っており、安定した志向がありますが、いかんせん恋愛がヘタ
  6. 誰からでも好かれたいという思いを持ち、自身の愛情も深いのですが、自分への裏切りは決して許さない
  7. ムードメーカー的な存在でお調子者ですが、実は心は繊細で傷つきやすいかも
  8. 自分なりのこだわりが存在し、お金を強く引き寄せますが、感が方が極端すぎる傾向があるため、それによって仲たがいも?
  9. 記憶力がずば抜けており、周囲からも天才肌として認められていますが、恋愛に関しては浮気などのトラブルが多く、寂しがり屋

この一覧を見てみると、誰にでもそれなりに当てはまりそうな内容であり、よくある占いのテクニックに当てはまるような感じがします。

全ての項目においてプラスの点とマイナスの点があるのが肝ですね。

そもそも人間というのは、大体が同じような欠点などに悩んでおり、非常に個性的な人以外はこうした占い的な結果に当てはまる点、思い当たる節と言うことがあるものです。

占いにはそのようなテクニックが仕込まれているのですね。

 

スポンサーリンク

 

 

マスターナンバー

こうした運命数に加え、さらにある条件を満たした場合に関して、それを「マスターナンバー」として島田さんは紹介していました。

この「マスターナンバー」は一般的な人よりも秀でたなにかを持っており、それが今回の都市伝説と関係を持っています。

そのマスターナンバーに関係するものは、「ゾロ目」。

上記の「運命数の計算方法」は、一ケタにするまで数字を分裂させて足していきましたが、このゾロ目は生年月日を足した段階で出現するものです。

11 強運の持ち主
22 リーダー性
33 カリスマ性

という特性を持っていると紹介していました。

そして、このゾロ目の数字を持った有名人も紹介していました。

「11」=美輪明宏さん、細木和子さん、おすぎとピーコさん
「22」=坂本竜馬さん、伊藤博文さん、盛田昭夫さん
「33」=山口百恵さん、福山雅治さん、市川海老蔵さん

そして、この「33」という数字には、興味深い都市伝説があり、それがオリンピックにまつわるものです。

直近の冬季オリンピックの2大会でフィギュアスケートにおいて金メダルを取った選手全員が、なんと「運命数」が33のゾロ目「カリスマ性」に当てはまるのです。

ソチ五輪では、男子が羽生選手、女子がソトニコワ選手
バンクーバー五輪では、男子がライサチェック選手、女子がキム・ヨナ選手。

そして、トリノ五輪で金メダルを取ったイナバウワーが得意技の荒川静香選手も、このマスターナンバー「33」の持ち主なのです。

これぞ都市伝説。

ほかの年代のオリンピックが紹介されなかったのはおそらく「33」に該当しなかったためと思いますが、ロマンがありますよね。笑

次に開催される冬季オリンピックで、フィギュアスケートの競技において優勝する選手は「33」を保有する選手かもしれません。

信じるか信じないかは、あなた次第。

コメントを残す

サブコンテンツ