夢の中の男「This Man」!世界でもたくさんの夢に出現!その真相は?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

カンニング竹山

「やりすぎ都市伝説」にて竹山さんが紹介した都市伝説。

何人もの夢の中に共通して現れる謎の男「This man」の正体とは・・・?

 

 

 

 

 

まずは、この男をご存知でしょうか??

this man

目はぎらぎらと不穏な輝きを見せ、眉毛は濃いめ、頭は禿げあがり分け目は左側。

普通に考えて、こんな男が夢に出てくる人というのはなかなかいないですよね?

しかし、2006年ニューヨークの精神科に訪れた女性が夢に何度も同じ男性が現れる旨の悩みを相談し、モンタージュを作成したところ、世界各地・・・アメリカや中国、ロシアやフランスなどでモンタージュの男と共通の男を夢で見たことがある人が続出。

ネットでモンタージュを公開した頃には、この男は「This man」という名前が付けられ、数千人を超える人が目撃証言をしました。

数千の人がある一人の男を夢に見たのです。

どんだけアイドルですか。笑

そんなこと信じられないかもしれないですが、実際に起こったことです。

 

 

我々が暮らしている日本にもその夢を見たことがあるという人はいるようです。

その夢の証言にはいろいろあり

「楽しく一緒に食事をした」

「追いかけられた」

「恋に落ちた」

と様々なパターンがあるのですが一様にして、夢に出てくると言います。

 

スポンサーリンク

 

では、なぜ夢に出てくるのでしょうか??竹山さんは語りました。

そこで語った内容というのが「すでに、人類は夢のコントロールができる」と言う話。

ぶっ飛んだ話に聞こえるかもしれませんが電気信号により、夢の中をコントロールすることが可能なのだそうです。

例えばATMや携帯などの我々が日常で使用するような電子機器の電気信号の中に、This Manの映像を入れておけば、端末に触った時にいつの間にかその映像が脳に入ってきて、夢を見たときにその映像だけは記憶に残っているため、結果的に「This man」の目撃証言が増大したのだといいます。

では、誰がその信号を仕掛けているのでしょうか・・・。

これにはアメリカ軍が関与していると竹山さんは続けました。

超能力部隊というのがあり、その部隊が夢を操っているのだそうです。

この技術を利用して何か得があるのかと感じますが・・・どのようにして活用されるのかというと、戦争中などの際に相手の軍隊に対して夢の操作を行い、「明日、あそこへいくと、死人がたくさん出てしまう」という印象を強く与え、戦意を喪失させたりするそうです。

他にも、選挙などにも活用できいつまにか世論をコントロールできるというものですね。

もうすでに、日本もアメリカ軍によって政治などがコントロールされているのかもしれません・・・。

信じるか信じないかはあなた次第。

 

 

 

 

この「This Man」には様々な憶測が飛んでいて上記のアメリカ軍による夢の操作説だけではないのですね。

1. 元型論

これは心理学に基づいた考え方で、ストレスを強く受けた場合に「This man」のような男が夢に出現するのではないかと考えた説です。

必死に学術的に説明しようとしていますが、全く持って説明がつかないですね。笑

あくまでも、「その可能性を疑うことが出来る」程度の話です。

 

2.宗教論

宗教的に言うところ、この「This man」は人類を想像した神のような存在なのかもしれません・・・。

ちょっとぶっ飛んだ説ではありますが、そうした神的な何かの場合、我々人類の根底に共通した人物として夢に登場してもおかしくはないのかもしれません。

 

3.ドリーム・サーファー

この説は、夢に入り込める特殊能力を持った人物が、他人の夢に入り込んでイタズラ・・・のようなことをしているのかもしれないという映画のようなお話です。

 

4.夢のイミテーション

これは逆パターンです。

ネット上で公開して、大勢の人の目につくようになったことで、見た人の頭から離れなくなってしまって結果的に夢に「This man」が出現したという考えです。

 

5.あとづけ

これは2チャン現象とでもいえるかもしれませんが、後から乗っかると言うものです。

面白がって、何か話題になってるし、もっと話題にしてしまえという賑やかしによる結果。

 

などなど様々あるのですが、「リサーチ会社のでっち上げ説」というのが非常に信憑性のある説になっています。

 

6.リサーチ会社のでっち上げ説

この説は、「噂の広がり」を調査しようとしたリサーチ会社が、でっち上げの話とモンタージュ画像を製作してネット上に公開し、それが瞬く間に広がったという説です。

そして、もともとはインターネットリサーチ会社が流した架空の話だという真相がきちんと伝わらないまま話が大きくなりすぎてしまったそうです。

その発信した人物がイタリアの有名なマーケティング研究家、Andrea Natellaという人物であり、その本人の自画像が「This man」のモンタージュ写真として活用されているようです。

 

そのAndrea Natellaという人物がこちら。

噂

 

特徴はそれなりに似ている気がしますが名乗り出ている以上、そうなのでしょう。笑

世界中で報告された「自分も男の夢を見た」という証言は、噂に影響されやすい人たちの思い込みだったのでしょうか。

おそらく、これが真相かと思いますがなんとも魅力的な話へと変貌しましたね。笑

これぞ、都市伝説!

 

コメントを残す

サブコンテンツ