タイムマシンの都市伝説!日本のヤフオクで100兆円?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

time-macine

2000年。日本のヤフーオークションにてタイムマシンが売りに出されていたことをご存知ですか?

未来人が現代にやってきて売りに出したのか・・・ただの賑やかしだったのか・・・。

 

 

 

 

 

 

2000年6月9日、19時47分。

shikumi0というIDでYahoo!オークションにて、「オークション > 電化製品、カメラ > その他」というカテゴリにおいて「タイムマシン(本物)」が出品されました。

 

このタイムマシンは、計約400回の入札がされ、ヤフオク史上過去最高額となる99兆9999億9198万8224円を記録し、話題になりました。

 

このタイムマシンは、それはそれは当然ネタとして扱われました。出品当初は。

出品当初の商品説明に関しては

タイムマシン

という記述がなされていました。「ドラえもん」を「ドラいもん」と表記しているあたり手が込んでいますよね。おそらく過去にそのような名前の漫画があり、その漫画の中で「タイムマシン」が使用されていたいう話を聞いて、過去の人はそのイメージが強いだろうということで、「それとは違う」という説明書きをくわえた結果、「ドラえもん」の名を間違えたということでしょう。

これは出品者が未来人であり、「ドラえもん」はすでに世には出ていない遠い過去の作品であるということを表していますね。

 

しかし、そうして出品された後、「落札後試乗してみてキャンセルが可能」と言う記述が加わると一気に質問者が増え、さらにその質疑応答の内容がかなり真剣なものであったために、単なるネタとしては手が込んでいると話題になり、真実味を帯びた話になっていきました。

質問の応答などによって明らかになったタイムマシンのスペックは以下のようなものです。

  • 開発予算は2000万円以上
  • 入札~試乗後のキャンセルは可能
  • 突起、装飾部も含めると、幅152cm、奥行き215cm、高さ150cmとコンパクト
  • 防水処理はされていない
  • 一人乗り
  • 男女兼用デザイン
  • 身長制限はなし
  • 体重制限は200kg程度
  • 消費電力は電子レンジ並みで、電源は100Vの家庭用電源
  • 過去にも未来にも行ける
  • タイムトラベル時「常識では想像しえない様々な事態」が起こる可能性アリ
  • 発明者のタイムトラベルの感想は移動時間は数十秒ながら肉体的には3年間もじっと動けぬまま固定された感覚だったらしい

 

こうしたタイムマシンの特徴は以下の出品ページにて質疑応答の内容が確認できます。

 

当時から写真などは掲載されてはいなかったのですが、1万円からの出品スタートだったのにもかかわらず

19日深夜0時: 6万円
20日深夜0時: 9万円
20日お昼12時: 60万2000円
20日夕方18時: 2億0500万4000円
21日深夜0時: 1000億0000万6144円
21日お昼12時: 39兆9999億9931万1872円
22日深夜0時: 99兆9998億9971万3536円

と変動していきました。99兆9999億9198万8224円に達した際に、ついにYahoo!オークション管理側から「100兆円という入札額が個人レベルの金額ではない」という理由で出品が削除されました。

この日は取引終了まで24時間程度残っている段階であり、さらなる高額の落札者が出現する可能性があると言われていました。

 

 

スポンサーリンク

 

真相?

この「タイムマシン」が出品された2000年と言うのは、まだまだYahoo!オークションの管理が行き届いていなかった時代です。

そのため、出品者は個人情報を偽装して出品したりも出来たそうです。今では考えられませんが、そうした整備が甘いといろんなことが起こってしまいますよね。お金のやり取りを行う場所ですから・・・。汗

そのため過去には「宇宙戦艦ヤマト」や、「ピカチュウ」なんてのも出品されたことがありました。

 

「宇宙戦艦ヤマト」

20101227192317http://ffmobius.com/wp-content/uploads/2015/06/20101227192317.jpg引用

大和
 

「ピカチュウ」

pikatyuhttp://sakuramaster.tripod.com/pika02l.gif引用

 

ピカチュウ
 

このようなユニークな出品があったそうです。その中の一つとしての「タイムマシン」だったのか。

それともあるいは・・・。

 

この「タイムマシン」に関しては出品者の「shikumi0」さんから購入した人物が、転売した出品ページも存在しました。

そこには、怖すぎる体験をしたため、もうこのタイムマシンで時間を移動することはしたくないということで出品に至ったという記述がありました。一連の流れがネタなのか。

非常に興味深い。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ