UFOの正体を徹底解明した結果!TVでは流れない真実!UFOは嘘か?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

ufono

UFOの正体とは?

UFOの映像を見たら必ずといって良いほど考える議題かと思います。

今回はそんな永遠の疑問について徹底的に解明してみましたので、お楽しみください。

 

 

 

 

 

レンズ雲

 

まずはこの画像をご覧ください。

レンズ雲UFO

1951年の冬、ニュージーランド州で撮影された写真なのですが、これ、完全にUFOじゃね?って思いますよね。

 

しかし、これは雲である可能性が高いと言われているんです。

 

雲!?

 

俺たちの憧れのUFOが雲!?

と、膝から崩れ落ちそうになってしまいますが、実は「レンズ雲」という雲があることをご存知でしょうか?上空の風が強いときに発生することが多いとされるレンズ雲。

 

そのレンズ雲の映像がこちら!

kumo

 

まるで地球の終わりを予感させるかのような映像の数々。笑

これ見ちゃうと、「あ、UFOってレンズ雲なんだ」と思わず納得してしまうかと思います。もちろん発光などはできないのですが、この雲を見る角度や光の入り方によっては、円盤形の飛行船が空を漂っているように感じる場合があるかと思います。

しかし、このレンズ雲UFOとして撮影されたものや目撃談のほんの数%しか満たさないでしょうね。このような現象があるのか!っていう別の興奮がありますが。笑

 

 

飛行機雲

 

2014年12月31日ロシア上空で目撃された謎の飛行物体の画像をご覧ください。

無題

 

これは時速約800~900kmで飛行している飛行機に追いついて旋回するような動きも見せました。そしてしだいに細長い形状に変え、飛行機の後方に消えていくのですが、実際に目撃したら恐怖さえも感じしてしまうそうな映像です。

しかし、元全日空のパイロットだった人は異論を唱えています。

元パイロット前根明さんによると、こうした現象は環境対策が施されていない機体で起き、そのような機体が排出する雲は黒い場合が多いのだそうです。

そのため、パイロット経験者であるならば飛行中に何度も確認したことがあるものであり、特に不思議な現象ではないというのです。

確かに、雲ならば不自然な動きをして次第に後方に消えていく動きをするのが理解できます。

 

この映像を見たUFO研究家の話によると

v

と発言しています。笑

如何にUFO研究家と言うのがいい加減かわかる・・・っていうかUFO研究家、暇か!笑

まあ、飛行機雲説も100%確かではないですがもうちょっと懐疑的な目で見てほしいものです。

 

スポンサーリンク

 

他の物体

 

この画像をご覧ください。

 

1950

 

拡大画像がこちら

img_2引用

これは1950年にマクミンビル、オレゴン州の農夫婦によって撮影された写真であり、UFOに否定的な結論を出すコンドン委員会のレポートに取り上げられてもなお、合成であったり、糸で吊っているなどの分析結果が得られずに、肯定的なコメントが出され、さらに金銭的な絡みもなかったため、世界的に非常に信憑性のある写真だと言われているものです。

しかし、撮影時間が夜の日没過ぎであったのに対して影のでき方が不自然であったりするために、分析調査をしぶとくやった結果、旧式のトラックのミラーであることが分かったのです。

 

しかし、それだけでは調査を行ったものが嘘を言っている可能性がありますが、この写真の撮影者が「過去3回UFOを見たけど、この写真を撮るまで誰も信じてくれなかった」と、地元紙のインタビューに応えていることなどからも、この写真が嘘である可能性が高いことが判明しています。

 

この写真の撮影者の画像なのですが・・・

img_4引用

 

 

旧式のトラックのミラー・・・

mira

 

 

これを比較すると・・・・

hikaku

 

 

そっくりやないか・・・orz

 

 

これがUFOの正体だったとは・・・。笑

 

 

CIA

2015年になって、1950年~60年代に目撃されたUFOの半分がCIAの航空機であったとCIAの職員が語り話題を集めました。

その真相と言うのが、高度2万メートル付近を飛行できる「U-2」という真っ黒い期待でCIAは偵察の仕事をこなしていたそうですが、この期待に夕日が反射して発光し、それを見間違えた目撃者が続出したというものです。

 

1021356_img_jpg82341a6c6f03e3af261a95ba81050c0a

http://www.nairaland.com/attachments/1021356_img_jpg82341a6c6f03e3af261a95ba81050c0a

 

普通の旅客機は5000メートル程度であり、軍事機でも1万メートルちょっとしか飛行できません。そのため、2万メートル付近を飛行している物体自体がまず信じられないのです。

さらに、1950年~60年代の目撃談が旅客機などのパイロットが夕方にUFOを見たという目撃談が続出したために、この見間違い説の信憑性が非常に高いそうです。

 

この「U-2」の後輩機である「SR-71ブラックバード」やその他の機体もちょっと見てほしいのですが・・・。

無題1

http://images.forwallpaper.com/files/images/1/1a47/1a475282/186271/sr-71-blackbird.jpg

 

こうした形状も何か疑い深く感じてしまいますよね。笑

 

 

 

CG

 

まあ、まずはこちらの動画をご覧ください。

 

いやいやいやいや!!!!

 

 

UFOとかそんなレベルの話じゃないから!

 

 

地球侵略されてるから!笑

 

これを見てわかるように、テレビなどで放送されている映像はCGで合成されたものも普通に存在しています。この映像もオカルト番組で放送されていましたからね。

このような映像は「UFOビジネス」として一本使用するのにいくから料金が発生しており、視聴率を集めたいテレビ制作会社などとのビジネスが成立しているのです。

一本6万円だったり、1秒30万円だったりと、その料金は様々なのです。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

 

いかがでしたでしょうか?

こうしたことから、UFOはかなり「作られたもの」や「見間違い」である可能性が高いです。

しかし、人は夢を見たいもの。信じられないと言いつつも、どこかで信じられないものがいてほしい・・・と言う思いがあり、それを演出しようとする者がいて、それをビジネスにしようとする者がいて・・・。

しかし、こうしたデマが蔓延するUFO業界でも、未だにその謎が解明されていないものもあるそうです。そこが本当の都市伝説。

5%。

5%のUFOは未解明であると言われています。本当にUFOは存在するのか・・・。

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ