海外で噂!日本のうんこ食文化の都市伝説が衝撃的すぎる件!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

toshidensetu

今回はうんこを食すという都市伝説。

人の肉を食う民族がいるという都市伝説は怖いですが、これもまた別の意味で怖い。汗

性的興奮を得るために、あなたは美女のうんこを食べますか?Ah,Hah?

 

 

 

 

 

 

海外で語られる日本の都市伝説

海外で語られる日本の都市伝説というのは、例えば中国では日本において夜9時からは法律が適用されない時間帯になるという、ありえないような都市伝説が語られていたりもします。

しかし、これにはそれなりの理由があるのですね。

 

その点、どこから語られる様になったのかがわからないのが、「日本における最高級料理は12歳くらいの処女(おとめ)のうんこ」という都市伝説。笑

さらにはその人気の食材は海外からも求める客が多く、来日して食べに来る人がいるという話です。

台湾メディアが報じたものによる内容は以下のようになっています。

うんこ
 

こうしたうんこが12歳から13歳程度のけがれなく少女から生産され、その値段は500万円を超えるそうです。笑

いや、もうそんなお仕事してたら穢れてるやん(;´Д`)笑

でも、実際2カ月前から「仕込み」が開始されていますし、フレーバーによっては割と高価な食材を使うことになりますので、500万円と言う高価な値がついても結構納得できるリアルな感じがします。

とか、真面目に感想を書いてみる。笑

もしかしたらどこぞでこんな裏商売が行われているかもしれませんね。

 

 

実際に食べるM女

千原ジュニアさんがMCを務める「~お金を払ってでも見たいクイズ~ダラケ」にて、真性M女ダラケが集められて、その体験談からクイズなどを出題していました。

そこでSMクラブ「池袋エレガンス」に所属している予約が取れないほどの人気M女のかおりさん、自称25歳の方が出演しており、その体験談を語っていました。

カオリさんの紹介URL ↓
http://static.manzoku.info/tokyo/special/gravure_view.php?sid=452064

彼女は、自分がMだと気づいたのが偶然発見した親のエロ本を読んだことに始まりました。そのエロ本が緊縛系の雑誌だったそうですよ。幸せな出会いなのか不幸せな出会いだったのかわかりませんが、今となってはうんこを食べるのが大好きな真性M女に進化を遂げました。

彼女曰く、食感はそれぞれ全く違うようで、シャリシャリ感とかヌルヌル感とか・・・様々な食感を楽しめる手軽な食材として楽しんで食しているそうです。

さらに驚きなのが、全然好きな人のでなくても食べることができ、その食べた体験をきっかけに好きになってしまうこともあったそうです。

何でしょうね。吊り橋効果的なものでしょうか。性的興奮から「好き」という感覚に脳が変換してしまうのでしょうね。不思議なものです。

 

うんこは時に乙女心を動かす

 

皆さんメモっておきましょう。( ..)φ

 

 

「実際に食べる」と言う人はネット上の書き込みなどにも見られますが、中にはお腹が痛くなって死にかけたなどの書き込みを行っている人もいますよね。

まあ、ネットの書き込みは真偽が定かではありませんが、おそらくそういったケースも存在するのでしょう。

 

 

 

 

実際安全かどうか

安全かどうかは医者さえも未知の部分があるそうですよ。

ネット上のあるブログにての書き込みなのですが、ある一本の電話がかかってきて、その内容と言うのが「妹を病院に連れて行った方がいいか」というものでした。

よくよく症状を聞いてみるとその妹さんは、ある男に浣腸をされ、さらに我慢することを強要されたそうです。しかし、我慢できずに畳の上に脱糞をしてしまったところ、男は怒り、次はその畳の上に脱糞してしまったものを食べるように強要し、食べたところぐったりしてしまったために電話をかけてきたそうです。

しかし、その電話を受けた医者は20年以上のキャリアがあるのにもかかわらず、「うんこを食べて病気になった、もしくは死亡した」という事例は聞いたことがなく、対処法なども聞いたことがなかったため、胃腸内を洗浄することを勧めたそうです。

その後、うんこを食べてしまった場合どうなってしまうのか気になり、他の医者に聞いてみたそうですが、

うんこ2

 

 

人糞ではありませんが、過去にはバクテリア性赤痢にかかった患者に対してラクダの糞を食べさせるという治療法があった地方が存在したそうです。一定の効果が見られたという記録があるのです。

また、腸内細菌を正常化するという目的で健康な人の便をチューブや浣腸によって、クロストリジウム・ディフィシル感染症などの患者の腸内に注入するという医療法は今でもあるようです。

この場合は口から食したりはしないのですが、医療目的で糞を活用するというのは結構衝撃的ですよね。

 

 

 

上記で紹介した千原ジュニアさんがMCを務める「~お金を払ってでも見たいクイズ~ダラケ」では、違う回にて「SM女王様」が集められた回がありました。その際にはMのお客さんがくるため、女王様は普段の食生活に気を付ける部分もあるということを語っていました。

まあ、その場合はお店ですからね。女王様と言えどもやはり客の健康には多少気を使う姿勢を見せるのでしょう。

しかし、それがプライベートになると、何でもアリになってきますからね。そこに落とし穴があるのかもしれません。

 

 

何が原因なのか解明される日がいつか来るかもしれません。しかし、性と言うのは多種多様。

こういう情報を入れると、先進国の性って、これ進化してきたといって良いのだろうかと考えさせられます。笑

マサイの性の方があきらかに神聖なもののように感じられてしまうのですよね。

皆さんはどう思われますか?|д゚)笑

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ