現代に現れた十戒!ジョージア・ガイドストーンの謎!都市伝説!


  • このエントリーをはてなブックマークに追加

zikkai

モーゼの十戒はあまりにも有名であり、誰しもが一度は耳にしたことがあると思います。

しかし、その十戒が現代に舞い降りたモニュメントがひっそりと作成されていたのをご存知ですか?

 

 

 

 

 

 

 

 

「現代の十戒」

1980年3月22日アメリカ合衆国ジョージア州エルバート郡に建てられた花崗岩によるモニュメントが存在します。

 

Georgia_Guidestones_09https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/92/Georgia_Guidestones_09.jpg引用

 

そこにはじつに8つの言語で書かれた10のメッセージがあるんです。

それが現代版の十戒。

 

謎でしょ?笑

 

ぞくぞくするでしょ?

 

では、そのモニュメントについて紹介していきます。

 

 

10のメッセージ

0b5efdfahttp://livedoor.blogimg.jp/sizen_go/imgs/0/b/0b5efdfa.jpg引用

 

この現代版の十戒と呼ばれているモニュメントには、10個のメッセージが刻まれていると前述しましたが、そこに書かれたメッセージは以下のようなものです。

ガイド

 

 

ちなみにモーゼの十戒はこちら。解釈が若干カトリックとは違うのですが、プロテスタント版の十戒を記述します。解釈は違っても十戒自体の本質は変わりありません。

プロテスタント

 

 

スポンサーリンク

 

 

ジョージア・ガイドストーン

意味深な構造

このモニュメントはジョージア・ガイドストーンという名がつけられ、エルバート郡の最も高い地点にあり、高さは19フィート3インチ (5.87 m)、重さが20トンある厚い花崗岩が6枚並んでいます。

中央に1枚、その周囲に4枚が中央の石板を囲むように設置され、その上に1枚の石板が乗せられています。

 

この配置には、何かしらの意味があるとされており、実際に東から西へと移動する太陽の軌道に被るように建設されているという興味深い点が見て取れます。

また、周囲の4枚の岩は18.6年サイクルの太陽の「入り」と「のぼり」の極点を示しているのです。

 

中央の石には小さな穴があり、南側から北川が貫通して見えるようになってて北極星が常に見ることができます。

 

monyumennto

 

中央の石にはもう一つ穴があり、そこからは夏至と当時、春分と秋分の日の太陽の日ノ出の位置にぴったり合わされています。

 

何が言いたいかと言うと、この場所に建設されるということに意味があるとしか考えられないということです。ち密に計算された設計で建設され、この場所にこの向きで建設されなければ意味をなさないものなのです。

 

文字

そこに書かれた10個のメッセージ・・・。

文字は英語、スペイン語、スワヒリ語、ヒンディー語、ヘブライ語、アラビア語、中国語、ロシア語の8つで書かれており、建造物の北側から時計回り順に上記の言語で明かれた石板が並んでいます。

 

タイムカプセル

この石板の基礎部分にはタブレットが置かれています。

そしてそこには、この下にタイムカプセルが埋められているという記述がされています。

タイムカプセルというのは小学校の頃に埋めたことがあるであろう、未来に開封する過去の遺産のようなものです。

通常埋める際に「いつ」開封するのかは決められますが、このジョージア・ガイドストーンのタイムカプセルはいつ開封されるのか、誰によって開封されるのかは全く不明とされています。

 

20101116-6http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-266.html引用

 

 

作成者

石板には、こうも書かれています。

 

作成者

作成者が書かれているのです。この男はR.C.クリスチャンと名乗り1979年6月にこのジョージア・ガイドストーンを実際に制作・設置した石材建築業者に依頼しに来て「人類にメッセージを送るための記念碑を建てたい」と提案したと言われています。

しかし、この男の本名や上記に書かれたスポンサーなども不明のまま。

そんなことって現代においてあるんですかね。笑 さすがにこんなでっかい建造物が建てられるのに本名も明かさずに金だけ払えば設置が可能なのでしょうか。ちなみにこのモニュメントの建設地の地主には5000ドルが支払われたそうです。

 

この男には様々な考察がされており、ここまでち密な建造物を作ったのだからその名目にも何かしらの意味があるだろうと考えられています。

そこから割り出されているのが、薔薇十字団の伝説的な創始者・クリスチャン・ローゼンクロイツ(英名ではクリスチャン・ローズ・クロス)を模したのではないか・・・と言われています。

薔薇十字団は秘密結社、謎の友愛団体と言われており、過去に存在した人物クリスチャン・ローゼンクロイツとそR.C. クリスチャンが奇妙な一致。

偶然と片付ける人もいますが、重要な手掛かりになると考えている人もいます。

 

 

このモニュメントには「ジョージア・ガイドストーン・ガイドブック」という小冊子も存在しています。このモニュメント、ジョージア・ストーンガイドを建設した動機などについて解説されているのですが、そこにはこんな一説があります。

 

引用

 

 

この「現代の十戒」の中で非常に興味深い一説は人口が5億人以下に維持されるというもの。

 

何かの陰謀が付随しているのか、ただのイタズラなのか、未来からのメッセージなのか、はたまた神の使いなのか。

 

信じるか信じないかは、あなた次第。

 

 

スポンサーリンク

 

コメントを残す

サブコンテンツ