ゾンビ事件!リアルバイオハザード!CDCの都市伝説!細菌兵器が原因?


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • SumoMe

20070209_nameko2

全米を震撼させたことで有名なゾンビ事件!

リアルバイオハザードのような・・・ゲームの世界に入り込んだかのような事件!

「やりすぎ都市伝説」にて竹山さんが紹介したことでも有名です!

 

 

 

 

 

2012年5月29日、アメリカ、マイアミのフリーウェイでホームレスの男が全裸の男に顔を食いちぎられるという事件がありました。

この事件の犯人は不可解なことに、警察から18分間にわたって銃弾を浴びましたが、ホームレスの顔を食いちぎるのを止まなかったと言われています。

この犯人、すでに不審な点は多くありますがなんと警察の銃弾を浴びながら、18分間に渡って、ホームレスの男の顔を食いちぎっていたのだといいいます。

そして、この事件には続きがあるんです。なんと、似たような事件が、アメリカで頻発しました。

5月にはメリーランド州、6月にはルイジアナ州やニューヨーク、テキサス州などで併発し、人間だけでなく飼い犬をかみ殺すような事件も発生しました。

その異常な光景から、「バイオハザード事件」とかと呼ばれているこの事件。

まさに、ゲームの世界のバイオハザードが現実に起こったという衝撃を受けますよね。

 

ネットでは数多の憶測を呼びましたがこの事件の原因は、ある脱法ドラッグ「バスソルト」が原因であると発表しました。

このような違法ドラッグが関与したことから「ゾンビドラッグ事件」とも言われています。
そしてその後、大麻が原因だと警察が発表を変え、さらに大きな波紋を呼びました。

 

 

バスソルトとは世界的な隠語で粉末状の脱法ドラッグ全般を指します。

マイアミで起こった事件ではバスソルトの中でもメフェドロンと言うものが関与したのではないかと見られています。

これは別名4-MMCとも呼ばれており、日本ではその名称で呼ばれることが主流になっています。体内に摂取をすると体温が急激に上昇し、非常に周囲に攻撃的な態度をとるという特徴があります。

この薬と今回の事件を照らし合わせると、犯人が洋服を脱ぐ行為を行っているという点がかみ合います。

そして、脳のリミッターが外れ、常人の数倍の力で暴れることも多々見られ脱法ドラッグ愛好家の間でも「メフェはやばい」と危険視されていたものだったそうです。

さらに、この犯人の鑑識の結果、「かなりの数の」消化しきれていない錠剤が胃の中に見つかったという発表もされました。
錠剤という点が、大麻とは合点がいかないのです。

 

そして、専門家が言うところには大麻ではこのような事態には至らない、大麻が原因な訳がないということのようです。

 

スポンサーリンク

 

 

さらに「射殺をした」という点についても何か合点がいかないところがあります。

非常に凶悪な犯罪を犯しており、近づくのは危険と判断はしますが、犯人はいずれも裸で丸腰の相手です。

そんな相手をいきなり射殺するという措置を行うのは不審な印象を受けます。

それなのに、なぜ警察は、犯人の男を射殺したのか。

明らかに何かの秘密を隠ぺいしているのではないか・・・ということなのですね。

 

 

さらに続きます。

実はこの事件の前にはアトランタにあるCDCという機関が事前に周囲に対して「ゾンビに備えてください」という告知を行っていたという話があるのです。CDCは病原菌などを研究している機関です。

この警告というのがゾンビになぞらえて、感染症に注意というものでした。
しかし、このタイミングで、ゾンビになぞらえた警告というのは疑わしき目で見られてもしょうがないほどのタイミングの良さ。

このCDCという機関は疾病対策センターで病原菌などの研究を行っている機関なのですが、軍事的な細菌兵器も研究しているのでは・・・という噂も流れています。

ある拍子で、人間をゾンビ化してしまう薬が漏れそれを服用した人がゾンビ化してしまったのではないか・・・?と物議を醸しているのです。

なぜゾンビ化する薬が必要なのかというのは戦場において怖いもの知らずのゾンビ化した人間が強みを握るため、と見られていてそのような状況を想定し、ゾンビ化する病原菌も研究が進んでいるとみられています。

以上より、このバイオハザードのような事件は、本当に生物兵器のようなものを研究開発している機関が、まさに人間がゾンビ化するような病原菌やウイルスなどを開発し、それが漏れ出てしまい、結果的に隠ぺいした事件だったのではないかという都市伝説が存在するのです。

まさにリアルバイオハザード。

そのような国家機密を隠ぺいするためのアメリカ警察の大麻使用の発表・・・?。

信じるか信じないかは、あなた次第です。

 

【閲覧注意】
被害者のモザイクなしの写真が掲載されています。
事件当初、顔の判別ができないほど食いちぎられていたということなので
大方、察しはつくでしょうが、かなりグロイです。

http://gawker.com/5913979/do-these-unbelievably-horrifying-photos-show-the-miami-cannibals-victim

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ